~持ち球を最大限に活かして飛ばせる~「スリクソンZ(ゼット)」ウッドを新発売

PR TIMES / 2012年7月20日 11時55分



 ダンロップスポーツ(株)(本社:神戸市、社長:野尻 恭)は、「日本ゴルフツアー選手権」を制覇した藤本佳則選手や、圧倒的な飛距離で2012年JGTOツアーのドライビングディスタンス1位(6月29日現在)の額賀辰徳選手など、同社契約プロが使用し話題になっている「スリクソンZ(ゼット)」ウッドを8月24日から順次新発売します。
 「スリクソンZ(ゼット)」ウッドは、プロや競技志向ゴルファーの高い要求に応え、それぞれのプレーヤーの飛ばし方を最大限に活かすためのゴルフクラブで、ドライバーには3タイプ、フェアウェイウッドには2タイプのヘッドがあり、装着可能シャフトは新製品「Miyazaki KENA(ケーナ)」だけでも4タイプ30スペックもあります。
 また、ヘッドには重心距離を調整できる機能があり、装着シャフトにはフェース角やロフト角、ライ角を調整できる機能が搭載されています。価格はいずれもオープンです。

 「スリクソンZ(ゼット)」ウッドは、『持ち球を活かした思い通りの弾道で、果敢に攻めたい』という競技志向ゴルファーが、自分独自のセッティングを実現できるように進化しています。
 まず、上級者が自分のプレーイメージに合わせてヘッドやシャフトの幅広い選択が可能です。
 また、フェース角、ロフト角、ライ角、ヘッド重心距離を自分用に素早くチューニングして使用することができます。さらに、『ヘッドスピード』と『ボールスピード』をアップさせる「デュアルスピードテクノロジー」をプロや上級者向けに専用設計して搭載し、『大きな飛び』を実現しました。

■「スリクソンZ」ウッドの特長
1. 選べる、こだわりのヘッド
2. 思い通りの弾道を生み出す『チューニングシステム』
3. 飛距離アップを実現する「デュアルスピードテクノロジー」
4. 安定した飛距離と方向性
5.豊富なシャフトラインアップと、選びやすさ



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング