学研グループ、凸版印刷と、シニア世代を対象とした調査・分析サービスを開始

PR TIMES / 2014年11月28日 15時28分

~学研グループのシニアに対する接し方のノウハウと、凸版印刷の消費調査ノウハウとを融合し シニアの“リアルな声”を届ける調査を実現 ~



株式会社学研ホールディングス(本社:東京・品川、代表取締役社長:宮原博昭、以下 学研HD)、株式会社学研ココファンホールディングス(本社:東京・品川、代表取締役社長:小早川仁、以下 学研ココファンHD)と凸版印刷株式会社(本社:東京・千代田、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、シニア世代を対象とした調査・分析サービスを、2014年12月初旬から本格的に開始します。

本サービスは、学研ココファンHDが関東を中心に運営するサービス付き高齢者向け住宅・住宅型有料老人ホームに入居するシニアを対象とした調査・分析を行うものです。本サービスの実現にあたっては、学研グループのシニアに対する接し方のノウハウと、凸版印刷の消費調査ノウハウとを融合。従来の調査では本音を引き出すことが難しかったシニア世代の“リアルな声”として、企業の製品やサービス開発ツールとして活用してもらうことを目的としています。

具体的には、リサーチを行いたい企業の要望に合わせ、凸版印刷が調査対象や手法を企画。学研ココファンHDが運営するサービス付き高齢者向け住宅・住宅型有料老人ホームに住むシニアの中から、学研HDおよび学研ココファンHDが対象者を抽出、凸版印刷が調査・分析を実施します。3社は製品の試飲・試食などのテスト調査から、商品パッケージの使いやすさを調べるユーザビリティ調査、調査対象者を固定した継続的な定点調査などの提供を通じ、顧客企業のより良い製品・サービス開発に貢献していきます。

■ 背景
超高齢社会が進行する現在、日本における65歳以上の人口は2025年には全人口の3割を超えると推計されています。これに伴い、シニア世代の声を活かした製品開発が求められています。これまで、企業はこれらの声を自社製品に反映させるため、シニア世代に対する調査・研究活動を積極的に行ってきました。しかし、シニア世代は年齢・性別だけではセグメント化できない多様な面を持ち合わせており、さらに調査でもシニア世代独特の遠慮や警戒心から本音を引き出すことが難しいといった課題がありました。

学研HD、学研ココファンHD及び凸版印刷は、この課題に着目。サービス付き高齢者向け住宅のトップブランドである学研ココファンHDのブランド力、学研HDと学研ココファンHDが持つシニアに対する接し方のノウハウと、凸版印刷が1960年代より培ってきた消費調査ノウハウとを融合させることにより、本サービスを実現しました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング