『HOME'S』がタイ進出、「HOME'S Thailand」グランドオープン

PR TIMES / 2012年1月18日 12時4分



掲載物件数No.1の不動産・住宅情報ポータルサイト『HOME'S』
「HOME'S Thailand」グランドオープン
~アジア展開の第一弾として、タイ国内向け不動産ポータルサイトのサービス提供開始~

………………………………………………………………………………………………

掲載物件数No.1の不動産・住宅情報ポータルサイト『HOME'S』を運営する株式会社ネクスト(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上高志、東証第一部:2120)は、2012年1月18日より、タイ王国(以下タイ)内の不動産物件情報を提供する「HOME'S Thailand」のサービスを開始いたしましたのでお知らせいたします。
「HOME'S Thailand」は、『HOME'S』で培ったノウハウを活かして、当社の子会社「HOME'S PROPERTY MEDIA (THAILAND) Co., Ltd.」が運営するもので、当初は新築分譲物件情報を中心にタイ国内の不動産物件情報を提供いたします。

 「HOME'S Thailand」
  URL: http://www.homesthailand.co.th/th/


■「HOME'S Thaliand」について
「HOME'S Thailand」は、タイ国内で住宅購入を検討中のユーザーを対象に、不動産物件情報を提供するサイトです。掲載物件数No.1の不動産・住宅情報ポータルサイト『HOME'S』のノウハウを活かし、当社グループのタイの子会社「HOME'S PROPERTY MEDIA (THAILAND) Co., Ltd.」が運営を行います。
また、営業パートナーとして、タイおよび周辺諸国の不動産業界に強固なネットワークを持つ、不動産専門のマーケティング・コンサルティング会社「Agency for Real Estate Affairs Co. Ltd.(以下、AREA社)」と業務提携し、日本国内同様に、物件網羅性の高い不動産情報を提供いたします。
タイの不動産市場では、まだ売り手本位の情報提供が目立つのが現状ですが、「HOME'S Thailand」は『HOME'S』と同様に、ユーザー目線のサービス運営を行い、タイ国内の「人と住まいのベストマッチング」の実現を目指します。


■ネクストグループのアジア戦略
当社グループでは、中期経営戦略の柱として「DB+CCS(データベース+コミュニケーション&コンシェルジュ・サービス)でGlobal Companyを目指す」をスローガンに掲げ、世の中に溢れている大量の情報を蓄積・整理・統合し、情報を必要としているユーザーに対し、多様なデバイスを通じて最適な情報を提供することに取り組んでおります。主力事業の不動産情報サービス事業においては、東アジア・ASEAN諸国の不動産情報を集約し、アジア圏の不動産情報を多言語で閲覧できる総合情報サイトの提供を目指しております。
この戦略に基づき、当社が運営する掲載物件数No.1の不動産・住宅情報ポータルサイト『HOME'S』にて、2011年4月に物件情報検索サービスで日本初の英語・中国語対応を開始し、日本国内の約376万件(2011年12月平均)の物件情報を多言語で検索可能となりました。また今年度中にアジア・東南アジア域内の3カ国程度で事業を開始すべく検討を進めており、その第一弾としてタイで子会社「HOME'S PROPERTY MEDIA (THAILAND) Co., Ltd.」を設立し、「HOME'S Thailand」のサービス提供を開始することとなりました。
IMFによれば、タイの経済成長率は2010年が7.8%、2011年は洪水の影響もあり3.4%前後にとどまる予測ですが、今後も引き続き成長が見込まれます。特に新築住宅の購入需要が旺盛なことから、「HOME'S Thailand」ではまずはこの分野の情報提供を開始しております。
現在、当社グループは、中国、台湾でも、サービス提供の準備を進めており、中期的には住まいの情報分野で東アジア・ASEAN諸国の情報を集約し、アジア圏内で人々がスムーズに移住できる仕組み創りを目指します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング