<こどもちゃれんじ>新CM、2月8日(土)より放映開始! 「どこまで学びを、あそべるか。」

PR TIMES / 2014年2月7日 17時21分

加藤凌平選手(体操日本代表)、スプツニ子!さん(現代アーティスト)が出演 子どもたちと一緒に体操とアートを体験。



 株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長:明田英治)の幼児向け通信講座「こどもちゃれんじ」は、CMキャラクターに加藤凌平選手(体操日本代表)、スプツニ子!(現代アーティスト)さんを起用した新シリーズ「学びを遊ぼう」の放映を2月8日(土)から全国(一部エリア除く)で開始します。
 
 今回のシリーズでは、「あそびを通して学ぶことが一番大切である」というテーマを各分野で活躍する著名人が、幼少期をふり返り自らの言葉で語ります。「体操篇」CMでは、体操教室の子どもたちが、日本代表加藤凌平選手のアドバイスを受けて、前転、後転、跳び箱、平均台に挑戦します。最後に、加藤選手自らが、空中で美しく回転を決めると、子どもたちは、憧れの選手に歓喜します。「芸術篇」CMでは、子どもたちとアーティストのスプツニ子!さんが、巨大な絵画を共同制作します。スプツニ子!さんが、下書きのキリンを完成させると、子どもたちが思い思いにサバンナを描き始め、最後は、スポンジや筆だけでなく、手足も使って描いていき、サバンナのキリンが、大きく美しく完成します。 「こどもちゃれんじ」では、今回のCMを通して、楽しいあそび体験が、次へのやる気や学びにつながるということを伝えていきます。

≪加藤凌平選手 「体操篇」≫


≪スプツニ子!さん 「芸術篇」≫


【CM概要】
■タイトル
 <こどもちゃれんじ> 「学びを遊ぼう」 加藤凌平篇 (30秒)(WEB限定60秒)
 <こどもちゃれんじ> 「学びを遊ぼう」 スプツニ子!篇(30秒)(WEB限定60秒)
■放映期間
 2014年2月8日(土)~ 2014年3月下旬予定
■放映エリア
 関東・中部・関西・札幌・宮城・静岡・広島・岡山・香川・福岡


≪TVCM 「体操篇」≫

加藤凌平選手プロフィール (体操日本代表/順天堂大学)
1993 年9 月9 日生まれ、埼玉県出身。順天堂大学在学中。2012年のオリンピック・ロンドン大会日本代表に。オリンピックデビュー戦とは思えない落ち着きぶりで安定感のある演技を披露し、団体銀メダル獲得に大きく貢献。2013 年4 月にはワールドカップ・東京大会に出場して個人総合2 位になり、オールラウンダーとして活躍中。

<加藤凌平選手のメッセージ>
楽しむことが、一番大切だと思います。好きであれば、自然に、やりたいがんばりたいという気持ちが、わいてきます。僕にとって、体操はあそびだったんです。


≪TVCM 「芸術篇」≫

スプツニ子!さんプロフィール (現代アーティスト)
両親とも数学者で、日本人の父と英国人の母の間に生まれる。ロンドン大学インペリアル・カレッジ数学科および情報工学科を20歳で卒業。英国王立芸術学院(RCA)Design Interactions科修士課程を修了。在学中より、テクノロジーによって変化する人間の在り方や社会を反映させた作品を制作。主な展覧会に、「東京アートミーティング うさぎスマッシュ」(東京都現代美術館、2013)、「Talk to Me」(ニューヨーク近代美術館(MoMA)、2011)など。2012年より神戸芸術工科大学大学院客員教授。

<スプツニ子!さんのメッセージ>
私、実は絵がうまくないんです。でも、他のあそびより絵が大好きでした。楽しいから、ずっと描いていられる。何時間やっても、全然飽きないんです。

(参考資料)
【CM制作スタッフリスト】
■クリエーティブディレクター : 佐々木智己
■プランナー : 荒井海太 杠奈津枝 藤村直樹 倉品彩子
■コピーライター : 佐々木智己
■ディレクター : 川上信也
■エグゼグティブ・プロデューサー : 内田隆太
■プロデューサー : 関根健
■出演 : 加藤凌平  スプツニ子!  内田伸子
■広告代理店 : 株式会社 読売広告社
■制作プロダクション : ロックンロール・ジャパン株式会社

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング