TISの業務チャットボット作成サービス『DialogPlay』がAzure Bot Serviceに正式対応

PR TIMES / 2018年4月26日 14時1分

~「Microsoft Teams」など10種類以上のチャットプラットフォーム向け業務チャットボットが公開可能に~

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑野 徹、以下TIS)の業務チャットボット作成サービス『DialogPlay(R)(ダイアログ・プレイ)』が日本マイクロソフトの提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」の「Azure Bot Service」に正式対応したことを発表します。



 『DialogPlay』のユーザーはマイクロソフトのAzureアカウントを取得することで、「Azure Bot Service」を利用して、統合型情報共有クラウドサービス「Office 365」の 「Microsoft Teams」をはじめとする10種類以上のチャットプラットフォームへ業務チャットボットを公開することが可能になりました。

 TISでは今後、業務チャットボットの分野において、日本マイクロソフトと協力し、「Office 365」利用者に向けたチャットボットサービス機能を強化、拡充していきます。

<「Azure Bot Service」を通じた『DialogPlay』の公開イメージ>
[画像: https://prtimes.jp/i/11650/407/resize/d11650-407-441583-0.jpg ]


■「Azure Bot Service」対応の概要
 『DialogPlay』は、業務に特化したチャットボットをWebブラウザよりノンプログラミングで作成できる法人向けのSaaS型プラットフォームです。今回の「Azure Bot Service」への正式対応により、『DialogPlay』で作成したチャットボットを「Microsoft Teams」、「Skype for Business Online」 など「Office 365」のチャットプラットフォームに公開可能になりました。チャットプラットフォームにチャットボットを導入することで、普段利用している業務ツールでチャットボットとチャットしながら、社内ヘルプデスク等のよくある業務を実現することが可能になります。

 また、『「Azure Bot Service」のDirect Lineチャネル※1を活用して『DialogPlay』のAPI公開を可能としました。「Direct Line API」として『DialogPlay』のチャットボットを公開することで、『DialogPlay』がAPI経由でメッセージの送受信を行い、以下が実現できるようになりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング