「D’s SMART MEDICAL(ディーズ スマート メディカル)」発売(ニュースレター)

PR TIMES / 2014年7月31日 16時5分

環境対応に防災対策、用地取得・投資計画までサポートする次世代対応型医療施設

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、2014年8月1日より、次世代対応型医療施設「D’s SMART MEDICAL(ディーズ スマート メディカル)」を発売します。



 商品WEBサイト :http://www.daiwahouse.co.jp/business/silver/hospital/index.html?ad=pr

 当社は、法人のお客さま向けの建築物について、2020年までに環境負荷「0(ゼロ)」(運用時のCO2排出量をゼロ)を目指す「Smart-Eco Project(スマートエコプロジェクト)」を2011年にスタートさせました。
 そしてこのたび、プロジェクト第11弾として、次世代型の医療施設に対応する「ディーズ スマート メディカル」を発売します。
 「ディーズ スマート メディカル」では、自然の力を活かす「パッシブコントロール」や創エネ・省エネ・蓄エネを行う「アクティブコントロール」によって、環境負荷「0」を目指すとともに、現在の医療施設のあり方が見直されていく中で求められる耐震化やBCP対策などの安心・安全対応、患者さまだけでなく職場の快適性も確保する院内環境、さらに、用地取得や投資計画をサポートする事業参画型プロジェクトも提案していきます。

●ポイント
 1.災害発生時にも医療提供を可能にする安全対策の提案
 2.選ばれる病院を目指した院内環境快適性の向上
 3.環境配慮とエネルギーコスト削減を両立するアイテム
 4.個々の経営環境にあわせた投資計画のサポート

1.災害発生時にも医療提供を可能にする安全対策の提案
 医療施設はその性質上、災害時において医療ニーズが急増し、医業継続を強く求められるため、建物の被害を軽減させるだけではなく、業務を継続できる状況を確保する必要があり、特に日本においては地震への対応が重要となります。
 「ディーズ スマート メディカル」では、建物倒壊を防ぐ強固な構造体とともに、BCP(※1)に沿った運用方法を提案し、地震発生時にも地域の支援拠点として活動を継続できるよう提案します。
※1.事業継続計画。

(1)地震発生時の災害被害を低減する耐震・免震構造
 東日本大震災以降、病院の耐震性は重要課題となっていますが、厚生労働省の調査(※2)によると、全国8,574病院のうち38.7%の病院が耐震基準を満たしていない状況です。
 そこで「ディーズ スマート メディカル」では、構造躯体においては、建物本体の倒壊を防ぎ、人命を保護するだけではなく、内部の設備・医療機器などの損傷を防ぐため、事業者のプランにあわせて、耐震構造・免震構造を提案します。
※2.2012年病院の耐震改修状況調査。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング