20代女性は外見磨き、40代女性は内面磨きに注力 女性の意識調査 ~「自分磨き」を発表~

PR TIMES / 2014年11月27日 17時37分

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する、正社員で働くことを希望する女性向け求人情報サイト「エンウィメンズワーク」( http://women.en-japan.com/ )上で、サイト利用者の女性704名を対象に「自分磨き」をテーマにアンケートを行いました。以下、概要をご報告いたします。




■調査結果概要

「自分磨き」は異性からの好意を引き寄せるため、自身の見識を深めるため、ビジネスパーソンとしての市場価値を高めるため、など個人によって目的や取り組みは様々です。「正社員としての転職を希望する女性」にとって、「自分磨き」とはなんでしょうか。自分磨きの目的は「自分に自信を持つため」、「人間として成長するため」が過半数を超えました。具体的な取り組みは、第1位が「ファッションに気を遣う」、第2位が「読書」という結果になりました。特に20代は「ファッションに気を遣う」、「エステ・サロンに通う」などの外見に関する自分磨きの回答率が突出して高くなりました。これらの項目のポイントは年代が上がるほどに下がっていきます。反対に年代が上がるとポイントが上がる項目は、「読書」「語学の勉強」「働くこと自体」など自身の知識やスキルを高める内面的なものでした。

1週間に自分磨きに使える時間は、週7時間以上(=1日平均1時間以上)と回答された方が17%に留まり、なかなか自分のための時間を確保できていない女性の実態が浮き彫りに。自分磨きを行なう時間帯は「休日」が約6割、「夜」「就寝前」が約4割と続いています。1ヶ月で自分磨きに投資できるお金は「1万円未満」という回答が全世代で6割を超えました。


■調査結果詳細

1:自分磨きの目的は「自分に自信を持つため」「人間として成長するため」。

正社員転職を希望する女性に「自分磨きの目的は何ですか?」と質問したところ、第1位は「自分に自信を持つため」(71%)でした。特に20代で選択した方が多く、83%に上っています。具体的には『見た目が良くなると精神的にも自信がついてくる』(24歳)『自分自身に自信を持てるようにしたいので、自分の武器を増やしたい』(28歳)『キレイでいることが自分の自信に繋がり、輝ける』(27歳)などの声がありました。第2位は「人間として成長するため」(59%)でした。『この時代では、どこでも求められる人材になることが求められているため、成長には一番重点を置いています』(22歳)『より良い条件の会社を自分が選ぶ側になれたらという希望』(36歳)を目的としているようです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング