環境教育フォーラム2014 (主催ベネッセコーポレーション) 今、求められる『環境人材』とは? 日本の新しいカタチを作るネットワークと人材育成をめざして

PR TIMES / 2014年3月7日 15時53分

2014年3月14日(金)新宿住友ビルにて開催

 ベネッセコーポレーションは、3月14日(金)新宿住友ビルにて、環境教育フォーラム2014「今、求められる『環境人材』とは?日本の新しいカタチを作るネットワークと人材育成をめざして」を開催いたします。

 今回のフォーラムでは、*Future Green Network の1年間の活動の成果発表に加えて、グローバルな視点で環境活動を実践している企業や世界中の子どもたちに持続可能な開発のための教育(Education for Sustainable Development)を進めているNPOの方を迎えて基調講演を行います。

 初めての開催となった昨年のフォーラムは、「企業、NPO、学校、行政による地域の連携作り」をテーマに開催し、環境教育を推進するための新たなネットワーク(Future Green Network)を立ち上げて、環境教育の実践や議論を進めてまいりました。その後、7月に世田谷区の小学校で夏季講座での環境教育の出前授業を開催、10月には多摩センターで大学生のプロジェクトによる地域のお祭り「ハロウイン・in多摩センター」へ出展参加するなど環境教育のトライアルを実施することができました。活動の中で環境教育を進めるには、環境問題の解決だけでなく、その先に新しいライフスタイルや生き方を考え作り出すことであり、そのためには人材育成が重要であると考え、今回のフォーラムのメインテーマとしました。

 ベネッセコーポレーションでは、環境教育の分野において、今後さらにネットワークを拡大し、多くの皆さまとコミュニケーションを図り、環境教育に関わる人材育成に努めてまいります。

* Future Green Network
2013年4月に活動をスタートした、企業・行政・NPO・学校などに所属する約30名から構成されるネットワーク。「未来の子どもたちに美しい地球環境を残していきたい。そのために環境教育を推進し、環境問題の理解や環境配慮行動ができる人材を社会に一人でも多く増やしていきたい」という願いをもって活動しています。

<実施概要>

■日時  2014年3月14日(金) 第1部15:30~17:50、 第2部18:00~19:30
■会場  新宿住友ビル47F 新宿住友スカイルーム1
■プログラム

第1部 フォーラム(無料)15:30~17:50

◇基調講演1
「パタゴニア日本支社における環境配慮の取り組み」
パタゴニア日本支社 環境プログラム・ディレクター 篠 健司 氏

◇基調講演2
「持続可能な開発のための教育(ESD)活動について」
ESD-J 代表理事 重 政子氏

◇Future Green Networkの活動成果報告および2014年度の活動紹介


第2部 懇親会(無料)18:00~19:30

◇フォーラム後の意見交換、参加団体紹介

■参加費 無料 (定員 100名)
■申込 3月12日(水)までに右記メールでお申し込みください。envirobment@tokiorisk.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング