雑誌『短歌』60周年事業として 電子版『俳句』『短歌』を配信開始

PR TIMES / 2013年12月10日 12時57分



株式会社KADOKAWA 角川学芸出版 ブランドカンパニー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐藤辰男、ブランドカンパニー長:郡司 聡、以下角川学芸出版)は『短歌』の創刊60周年の記念事業として、2013年12月25日(水)より、BOOK☆WALKERをはじめ、各電子書店で月刊誌『俳句』(2014年1月号)、『短歌』(2014年1月号)電子版の配信を開始いたします。
 また、配信に先駆けてより広く読者の皆様にお楽しみいただけますよう、2013年12月10日(火)より『俳句』2013年12月号と『短歌』2013年12月号の電子版を無料配信いたします。

 昭和29年に創刊した月刊誌『短歌』は、2014年1月号で創刊60周年を迎えます。これまで時代を反映しながら、一方で、変わることのない普遍的なものをも見据え、「温故知新」「不易流行」を実行してきました。人で言えば還暦となるこの機に、「新しい物語をつくろう。」という意志のもと、更なる飛躍の第一歩として、電子版の配信開始という新しい試みに挑戦いたします。今後も、より高いステージで、広く読者に支持される雑誌を目指して参ります。


■『俳句』

初心者からベテランまで幅広い読者層を持つ総合俳句誌

昭和27年創刊の俳句文芸誌です。常に俳壇をリードして歩みを進め、一流俳人の投稿はもちろん、詩人や小説家からの寄稿も多く、バラエティ豊かな誌面が特徴です。実作に今すぐ役立つ「大特集」と初心者にもよくわかる「入門特集」、ベテランから新鋭俳人まで充実の「作品欄」、明快な作品批評が人気の「合評鼎談」ほか充実のラインナップ。「いつも旬」な雑誌です。

■『短歌』

斯界の伝統といまを伝える最先端短歌文芸誌

昭和29年創刊。1300年以上の伝統を誇る抒情詩・短歌の専門誌です。「短歌で人生を豊かに」をモットーに、伝統的な作品から現代的な感覚でつづられた若い歌人の作品まで、実作指南特集から論考・研究まで幅広い内容が特徴です。モノより心、理より情、正しさより優しさ。人間にとって一番大切なものは何かを、短歌を通して提示していく雑誌です。


■電子書籍内容

・配信日:毎月25日 ※一部電子書店により異なる場合があります。
・希望小売価格:660円(税別)
・配信電子書店:
BOOK☆WALKER:http://bookwalker.jp/pc/
ニコニコ静画(電子書籍):http://seiga.nicovideo.jp/book/
紀伊國屋書店Kinoppy:http://k-kinoppy.jp/
Sony Reader Store:http://ebookstore.sony.jp/
BookLive!:http://booklive.jp/
honto:http://honto.jp/
eBookJapan:http://www.ebookjapan.jp/ebj/
dマーケットBOOKストア: https://www.nttdocomo.co.jp/service/entertainment/dmarket/spmode/book_store/
ブックパス:http://www.bookpass.auone.jp/
Google Playブックス:https://play.google.com/store/books
Kobo(楽天):http://kobo.rakuten.co.jp/
Yahoo!ブックストア:http://bookstore.yahoo.co.jp/
Book Place:http://bookplace.jp/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング