30V型4Kフレキシブル有機ELディスプレイを開発

PR TIMES / 2019年11月8日 13時25分

世界最大(※1)、対角30インチのフィルム基板を用いたカラーフィルターレスの有機ELディスプレイ表示部を巻き取り、すっきりと収納できる『ローラブル(巻取型)』商品の実現へ



[画像: https://prtimes.jp/i/12900/419/resize/d12900-419-524304-0.jpg ]

シャープは、日本放送協会(NHK)と共同で、30V型4Kフレキシブル有機EL(OLED)ディスプレイを開発しました。
本開発品は、対角30インチ(約76cm)のフレキシブルなフィルム基板上に、RGB(赤・緑・青)の各色に発光(RGB発光方式)する素子を形成した有機ELディスプレイであり、この構成によるものとして世界最大となります。各色に発光する素子を蒸着方式で高精度に形成することで、カラーフィルターを不要とし、高い光利用効率を実現しています。また、フィルム基板を用いることで、薄さ約0.5mmのパネル表示部をコンパクト(半径:約2cm)に巻き取り、下部の筐体にすっきりと収納することができます。

有機EL素子を駆動する薄膜トランジスタとしてIGZO(※2)を採用。NHK独自の信号処理やパネル駆動技術の活用により、画面の明るさの均一性や動画の鮮明度を向上させています。

当社は、2018年6月に日本初となるスマートフォン向けフレキシブル有機ELディスプレイの量産を開始しました。今後も、さらに先進の技術開発を進め、ディスプレイの未来を切り拓いてまいります。

本開発品は、11月13日(水)から15日(金)まで幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催される国際放送機器展「Inter BEE 2019」のNHK/JEITA(電子情報技術産業協会)ブースにて展示いたします。

■ 主な特長
1.世界最大、対角30インチのフィルム基板を用いたカラーフィルターレス(RGB発光方式)の高精細4Kフレキシブル有機ELディスプレイ
2.カラーフィルターレスのパネル構造により、高い光利用効率を実現
3.フィルム基板の柔軟性によって、表示部をコンパクトに収納(巻取半径:約2cm)
4.NHK独自の信号処理やパネル駆動技術により、明るさの均一性や動画の鮮明度を向上

※1 フィルム基板上に、カラーフィルターを用いることなく、RGB(赤・緑・青)各色に発光(RGB発光方式)する有機EL素子を備えたディスプレイとして(2019年11月8日現在。シャープ調べ)。
※2 In(インジウム)、Ga(ガリウム)、Zn(亜鉛)、O(酸素)により構成される酸化物半導体。有機ELや液晶ディスプレイを駆動するTFT(薄膜トランジスタ)の半導体材料として用いられる。

※ ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。
  ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
https://corporate.jp.sharp/news/191108-a.html

【プレスリリース全文(PDF版)】
https://corporate.jp.sharp/news/191108-a.pdf

【画像ダウンロードサービス】
https://corporate.jp.sharp/press/p191108-a.html

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング