祝!!山本文緒:著『なぎさ』が、「本の雑誌」が選ぶ2013年度ベスト1作品に決定!!

PR TIMES / 2013年12月11日 17時40分

角川書店 ブランドカンパニー

本のエンターテイメント・マガジン「本の雑誌」(本の雑誌社)が年に一度のベスト10を選出する2014年1月特大号が発売され、なみいる強豪を制し、山本文緒:著『なぎさ』がベスト1に選ばれました!



今か今かと著者の新刊を待ちわびる読者や書評家の間で話題となり、満を持して、10月22日(火)に発売した『なぎさ』は、苦難を乗り越え生きることの希望を描く、『恋愛中毒』以来15年ぶりとなる長編小説です。
気が付いたら同じことを何度も繰り返していた、何もしないままこんなところまで来てしまった……。そんな、誰もが経験する悩みや日常が淡々と描かれ、読み進めるたびに共感を覚え、じんわりと胸が熱くなっていく。本作は、そんな人生の“瀬戸際=なぎさ”に立つすべての人へ「一歩前へ進む勇気を与えてくれる」と大絶賛を浴びています!

【特設HP】  http://www.kadokawa.co.jp/nagisa/  ⇒ ラジオドラマ、スペシャル対談もご覧いただけます


あなたにとって「人生に真に必要なもの」とは何ですか?


STORY   

家事だけが取り柄の主婦、冬乃と、会社員の佐々井。同窓生夫婦二人は故郷長野を飛び出し、久里浜で静かに暮らしていた。佐々井は毎日妻の作る弁当を食べながら、出社せず釣り三昧。 佐々井と行動を共にする会社の後輩の川崎は、自分たちの勤め先がブラック企業だと気づいていた。元芸人志望、何をやっても中途半端な川崎は、恋人以外の女性とも関係を持ち、自堕落に日々を過ごしている。 夫と川崎に黙々と弁当を作っていた冬乃だったが、転がり込んできた元漫画家の妹、菫に誘われ、「なぎさカフェ」を始めることとなる。姉妹が開店準備に忙殺されるうち、佐々井と川崎の身にはそれぞれ大変なことが起こっていた――。


<「読むほどに、心を揺さぶられる――」 これまで寄せられた声から一部ご紹介します>

変わり続けるがために変われない人々。
変わることへの絶望から、変わろうとする人々。
スリリングな交錯が描かれたこの小説には、
絶望を経て鍛えられた希望がある。
――斎藤環さん(精神科医・評論家)

この小説は、私たち読者を取り巻く
家族や悩みのすべてと誠実に共振する、
眩しく、大きな祈り。
――辻村深月さん(作家)

声に出さずにこっそり疲れている
女たち、男たちにお薦めします。
――長嶋有さん(作家)


登場人物たちの背を押したくなった。
大丈夫、なんとかやっていきそうだ、と自信を分けてもらった。
(20代女性)

一気に読み終わると、不思議な光が胸に差し込んできた。
この本には「悩みの答え」ではなく、「悩み方の答え」がある。
(20代女性)

最後のページを閉じた時、自然と涙があふれていた。
弱った心にそっと寄り添う、優しい作品だと感じました。
私にとっての心の処方箋です。
(20代女性)

今いる場所がわからなくても、私たちは生きて行かなきゃならない。
主人公と自分がオーバーラップして仕方なかった。
(30代女性)

宝物のような小説。
読み終わったあとは、他人が切なく愛おしく映る。
(30代女性)

ハッとしたり、苦しくなったり、嬉しくなったり。
懐かしくて不思議な読書体験。
(40代女性)


<著者紹介> 
山本文緒(やまもと・ふみお)

1962年神奈川県生まれ。会社員を経て、作家となる。著書に『群青の夜の羽毛布』『ブルーもしくはブルー』『きっと君は泣く』『アカペラ』など多数。『恋愛中毒』で第20回吉川英治文学新人賞を、『プラナリア』で第124回直木賞を受賞。日記エッセイに『そして私は一人になった』がある。
本作は中編小説集『アカペラ』以来5年ぶりの新刊、『恋愛中毒』以来15年ぶりの長編小説である。


【発売日】2013年10月22日 【定価(税込)】1680円 【装丁】鈴木成一デザイン室 【装画】田口実千代
【頁】376頁 【体裁】四六判上製 
【初出】「小説 野性時代」2011年1月~7月号、9月~11月号、2012年1月~6月号、9月~2013年4月号にて連載

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング