増税後好調店は“攻めの姿勢”で 投資型施策を積極的に導入!

PR TIMES / 2014年4月23日 15時21分

売上状況は前年比も前月比も「よい・変わらない」7割   効果のある施策は「良質・高単価メニュー」「外国人客」

株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎 以下、ぐるなび)は、
2014年4月1日に導入となった消費税増税を機に、加盟飲食店に対し、増税後の飲食店の経営状況についてインターネット調査を実施しました。その調査結果を公開します。

【調査概要】  
■調査方法:インターネット調査     
■調査期間:2014年4月8日(火)~4月14日(月)
■調査対象: ぐるなび加盟店(全国)  
■サンプル数:355店





◆2014年4月の消費税増税後の貴店の売上状況は、“前年同時期”(2013年4月同時期)と比較していかがですか。

今回の消費税増税は、飲食店に影響はあるのでしょうか。

増税後の売上状況について、昨年同時期と比較して昨年同時期との売り上げの比較で「悪い」と感じていない店舗は約7割となります。「良い」と「悪い」との回答率の比較では、ほぼ拮抗状態でした。


昨年同時期よりも売り上げが「とても良い」とする店舗では、「客数・客単価が昨年よりも伸びている(中華/東京都)」や、「観光客の増加と客単価の上昇(和食/大阪府)」、「貸切等の団体の予約を多く獲得できた(洋食/東京都)」などを理由に挙げていました。

売り上げが「とても悪い」とする店舗では、「現在、売り上げはそこまで下がっていないが、予約が入らない(洋食/東京都)」、「同曜日での2週間程の前年対比が93%程(スペースエンターテイメント/東京都)」など、やや厳しく回答していると見受けられる向きも。

「客数」「客単価」「宴会数」について昨年同時期との増減の比較では、「客数」で「増えた」31.3%、「減った」27.0%、「客単価」で「増えた」28.2%、「減った」15.5%となっており、「客数」「客単価」が昨年同時期よりも良好な店舗が増えている傾向にあります。消費税増税を機に、消費者の財布のひもが固くなり、外食費は削られるだろうとの予測もありましたが、本調査の結果から見る限り、必ずしもその予測の通りではないと言えそうです。


◆2014年4月の消費税増税後の貴店の売上状況は、“前月同日”(2014年3月同日)までと比較していかがですか


駆け込み需要で沸いた3月の同時期と比較するとどうでしょうか。

前月同日と比較して、前月同日との比較で「悪い」と感じていない店舗は約6割となります。しかしながら、「良い」「悪い」との回答率の売り上げの比較では、前月よりも「悪い」とする店舗が10%上回っており、前月同日よりも売り上げが低下している店舗が多い傾向にあります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング