第39回 国際福祉機器展 H.C.R.2012【チャンネルパナソニック新着動画】

PR TIMES / 2012年10月30日 17時21分



2012年9月26日(水)~9月28日(金)の3日間、第39回 国際福祉機器展が、東京ビッグサイトで開催されました。パナソニックブースでは、「ひろがる、こころに届く快適なくらし」をテーマに、高齢者と、その家族の快適なくらしをサポートする様々な商品を出展。この動画では、最新の介護福祉機器の数々を紹介しています。ぜひご覧ください。


▼第39回 国際福祉機器展 H.C.R.2012(3分18秒)
http://ch.panasonic.net/jp/contents/10520/
http://youtu.be/ZRnpBUMtvk0



<注目シーン>


【お手本映像と自分の姿を見ながらリハビリができる、デジタルミラー】(0分24秒~)

ミラーに映し出されるお手本映像と自分自身の姿勢や動きを確認しながら、リハビリやトレーニングが行える「デジタルミラー」。効果の測定や記録も1台でできます。


【施設での介助をサポートする水まわりユニット】(2分31秒~)

入浴介助をサポートする水まわりユニットバスと、車いすに座ったままでも楽に使える洗面化粧台、バリアフリー水まわりユニット「アクアハートシリーズ」が紹介されています。


【言語や上肢に障がいがある方のコミュニケーションをサポート】(2分43秒~)

「レッツ・チャット」は、体の動く部分で文章を入力できる意思伝達装置。言語と上肢の両方に障がいがある方のコミュニケーションをサポートします。


【ほかにも、数々の商品を紹介】(1分02秒~)

商品コーナーでは、可動式入浴台「アクアムーブ」、脱臭機能が付いたポータブルトイレ「<座楽>アウーネ」、揺れが少なく押しやすい車いす「ルッタ」、小回りがしやすい「自走式6輪車いすRT-1」、座り心地を考えた「シャワーチェアー」、安全な入浴をサポートする「入浴グリップ」、2人用の設置面積で3人用を実現した「ホームエレベーター」などが展示され、大きな反響を呼びました。



▼関連リンク

介護総合トップ|ヘルスケア:Panasonic
http://panasonic.biz/healthcare/elderlycare/index.html

製品ラインアップ|ヘルスケア:Panasonic
http://panasonic.biz/healthcare/afsh/products/index.html

意思伝達装置 レッツ・チャット|ヘルスケア:Panasonic
http://panasonic.biz/healthcare/letschat/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング