「ネット時代の、これから始めるプログラミングシリーズ」がスタート 『今、見直すHTML』 『今、見直すCSS』を同時刊行!

PR TIMES / 2014年8月8日 10時23分



インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、新書籍シリーズ「ネット時代の、これから始めるプログラミングシリーズ」の発行を開始いたしました。
このシリーズは、インターネット以後の時代に対応したテーマを、ポイントを絞って、手頃なページ数と価格にしたことを特徴としています。また、本文もプログラミングリストを大きく見やすくし、各章末に練習問題を用意するなど、プログラミングを本格的に学ぶための最初の一歩として最適なシリーズです。
制作にあたっては、次世代型出版メソッド「NextPublishing」を使い、電子/印刷書籍のハイブリッドで出版します。
第一弾として、『今、見直すHTML』、『今、見直すCSS』の2冊を発行いたしました。

『今、見直すHTML』


『今、見直すCSS』


『今、見直すHTML』
著者:林 拓也
小売希望価格:電子書籍版 600円(税別)/印刷書籍版 1000円(税別)
電子書籍版フォーマット:EPUB3/Kindle Format8
印刷書籍版仕様:B5変形判/モノクロ/本文72ページ
ISBN:978-4-8443-9636-9
発行:インプレスR&D

<<発行主旨>>
HTMLは90年台にWebページを制作するための言語として登場しました。そこから見た目の制御をCSSに任せて、HTMLの役割はWebページの構造の定義に特化するようになりました。近年ではWebページに限らず、電子書籍のコンテンツ制作で利用されるなど、その利用範囲はデジタル文書の構造を定義する言語として広がりつつあります。本書では、Webページの定義を念頭に置きつつも、より汎用的なデジタル文書の構造を定義する言語としてHTMLを見直しています。

<<内容紹介>>
本書は「デジタル文書のマークアップを理解するための最初の1冊」として執筆されました。
第1章ではHTMLの概要として、その特徴や役割の変化などについて触れます。また、少し範囲を広げてデジタル文書の形式の変化(バイナリ→XMLなど)などに触れ、XHTMLやXMLとの関係にも言及します。基本的に読み物です。第2章ではデジタル文書の構造を定義するための技術的な基本事項を扱います。第3章では少し発展的な内容としてHTMLのバージョン(主にHTML4.01、XHTML1.1、HTML5)の概要や、XHTMLの書式などについて解説します。サンプルのWebサイトを制作するようなチュートリアルものではなく、文書のマークアップを理解するための情報を適宜提供しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング