月刊誌『子ども英語ジャーナル』が、英語の得意な子どもを育てるアクティビティ・ブックとしてパワーアップリニューアル! 3月9日(金)発売

PR TIMES / 2012年3月7日 12時19分



株式会社アルク(東京都杉並区永福 代表:平本 照麿、以下アルク)発行の月刊誌『子ども英語ジャーナル』は4月号より、親子で楽しく英語に親しめるアイディアを豊富に携えたアクティビティ・ブックとしてリニューアルいたします。

●子どもが大人になった時、英語は必要不可欠なスキル

急速に進むグローバル化。子どもが大人になるころの社会は、就職も外国人がライバルとなる、ボーダレスな社会になっている可能性が高く、夢をかなえるためにも英語が必要な時代になると予測されます。
また、学校教育においても、小学校外国語活動必修化などがあり、保護者の「英語」への関心は高まっています。親が子どもにさせたい習い事の1位は英語*となっており、早くから子どもを英語にふれさせ、自然な発音や会話力をつけてあげたいと考える保護者は増えています。
*バンダイこどもアンケート2011年1月「お子様がしている習い事/させてみたい習い事は何ですか?」より「男女総合」の結果。3~12歳の子どもを持つ保護者1500人が回答。

●『子ども英語ジャーナル』リニューアル!

今回、『子ども英語ジャーナル』は、英語に関心がある保護者の英語子育てを応援すべく、「親子であそんで、英語をまなぶ!」をキャッチフレーズにリニューアルしました。子どもに早くから英語にふれさせたいけれど、何から始めていいのかわからない方や、歌、絵本、カードなど、さまざまな方法で楽しく継続して英語に取り組みたいご家庭におすすめです。


【『子ども英語ジャーナル』とは】
子どもを英語にふれさせ、自然な発音や会話力などをつけてあげたいと考える保護者の方に向けた、
親子で楽しく英語に親しめるアイディア・素材が満載の月刊誌です。※幼児から小学生対象


毎号、
◇子どもに身近な教材テーマを設定
◇テーマの単語やフレーズに親しめる歌、ワークシート、絵カードなど、さまざまな学習素材を収録
◇名作童話を丸ごと一篇掲載
◇童話の読み聞かせや海外の子どもの自己紹介などの音声素材を盛り込んだCD付き
◇単語やカレンダーのポスターなど、豪華付録も!

「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を
バランスよく伸ばす工夫が盛りだくさん


□■『子ども英語ジャーナル』 4月号のご紹介■□

4月号の教材テーマは「このどうぶつ、なーんだ?」。キーワードは「動物・虫」の単語、キーフレーズはWhat’s this? / What animal is this? (It’s ...) / What animal do you see? (I see ...)。連載やふろくを使って、これらの単語や表現に繰り返しふれることができます。

●ふろく
1)両面ポスター
・動物のイラストと数字で、1~20(one-ten)を描いたポスター
・4月のカレンダーと季節の行事などを描いたポスター

2)絵カード
動物・虫の単語絵カードが22枚。親子で遊びながら単語にふれることができます。CDにはこの単語のチャンツも収録。

3)CD
歌、会話、海外の子どもの自己紹介、童話の読み聞かせ、絵カード単語のチャンツ、大人の英語トレーニング素材など、聞き流すだけでも楽しいさまざまな音源を収録。

●第1特集
おさえておきたい 子どもの英語教育、最前線!   
幼児向けの英語教育の現場レポートとともに、専門家による分析や、英語教育最新事情を紹介。
(子どもに英語を習わせている保護者の意識/最新 子ども英語教育事情/子どもの英語教育現場拝見)

●第2特集
絵本の読み聞かせ徹底攻略!

●今月の世界の名作童話
『Thumbelina(おやゆびひめ)』
本誌内に英語の童話をまるごと一篇収録。グリム童話やイソップ物語など、アルクならではのやさしく自然な英語で、ストーリーを楽しみながら動物の名前や形容詞、動詞など身近な単語に親しめます。今月は『おやゆびひめ』。生き物がたくさん登場する春らしい物語です。

<商品情報>
『子ども英語ジャーナル』2012年4月号
http://shop.alc.co.jp/spg/v/-/-/-/0512041/
【定価】1,260円(税込)【雑誌コード】01626-04


【NEWS!】『子ども英語ジャーナル』掲載の童話が、電子絵本アプリになって登場!

本誌掲載の名作童話が、電子絵本アプリ「こえほん」にて、12カ月連続でリリースされます。「こえほん」は、世界の童話や日本の昔話などの名作絵本が楽しめる電子絵本アプリ(iPhone、iPad、iPod touch、Android対応)。お話を読んで楽しめるだけでなく、読み上げた音声を録音して世界にひとつだけの紙芝居風絵本が作れると、子どものいる家庭の間で注目を集めています。子どものアウトプットをうながし家族でオリジナル絵本が作れるほか、ママやパパの声で録音した絵本をいつでも子どもが楽しめるようにできるなど、絵本の活用法が広がります。

利用する際は、下記のマーケットから「こえほん」で検索してください。
(「こえほん」アプリは無料、絵本は170~200円(変動あり)で販売)
●iPhone/iPad/iPod touchで使う場合→App Store   
●Androidで使う場合→Android Market
「こえほん」問い合わせ先:株式会社アイフリーク
( app@pict-box.com )

※4月号掲載の『おやゆびひめ』は3月9日リリース

------
[株式会社アルクとは]http://www.alc.co.jp/
アルクは、1969年4月の創業以来、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた出版社です。語学情報ポータルサイト「SPACE ALC」をはじめ、『ENGLISH JOURNAL』などの学習情報誌、受講者数100万人を超える通信講座「ヒアリングマラソン」、eラーニング教材、書籍、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング