幼児向け英語教材『Worldwide Kids』 に オンラインレッスン 『Talk’n Play online』が新登場 ~親子で楽しく家庭で学んだ英語を、外国人と実践する機会を提供~

PR TIMES / 2014年5月19日 16時17分



 株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市、以下:ベネッセ)は、幼児向け英語教材『Worldwide Kids』の会員を対象に、学んだ英語を実体験する『Talk’n Play online』を、5月より提供開始しました。

 『Worldwide Kids』は、心や耳の柔軟な幼児期から、世界の人々とコミュニケーションできる語学力とグローバルマインドを育んでいただこうというコンセプトによる、英語体験を家庭に提供する教材です。DVDやCD、絵本、玩具などにより構成されたパッケージ教材となっています。発達心理学、グローバル教育学などを取り入れ、ベネッセが開発した英語教育プログラムをもとに設計されています。また、実際に外国人と英語でコミュニケーションすることができる「アウトプット」の場としては、参加型イベント『Talk’n Play workshop』 を開催しています。

 今回、提供を開始する『Talk’n Play online』は、「アウトプット」の機会を、時間と場所を選ばず、より身近なものとして確保するために企画されました。対象は、『Worldwide Kids』の、2歳以上(3歳以上推奨)、就学前の会員です。外国人講師を相手に、自宅のパソコンを利用して、親子でレッスンできるサービスです。幼児でも抵抗がなく外国語でのコミュニケーションに入れるよう、レッスンは本体教材との連動型で、「くだものを渡す」「動物の動きをまねする」などの英語を使った外国人とのやりとりを、親子で一緒に、遊びの中で実践することができます。1レッスンは15分、年に24パターン(月2回想定)のレッスンを受けることができるよう設計しています。受講費は、『Worldwide Kids』受講費とは別に、1レッスンあたり 1,350円(税抜、24回回数券使用の場合)です。

 ベネッセグループはこれからも「語学教育・グローバル人材育成」の分野で、子どもの発達にあった教材やプログラムを拡充して参ります。

■開発の背景
 グローバル化がますます進む中、お子さまが早い段階から外国人とコミュニケーションできる環境を作りたい、と考える家庭が増加しています。ベネッセが2007年より開講した幼児向け英語教材の『Worldwide Kids』では、開講と同時に、外国人とコミュニケーションがとれる参加型イベント『Talk’n Play workshop』も開催を開始、そしてさらにこの5月、時間と場所を限定せずに英語体験ができる『Talk’n Play online』の提供を開始することとなりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング