2015年3月卒業・就職予定の大学生実態調査 【10月1日時点の状況】 「内定あり」76.3%(平均社数1.96社) 「内定なし」23.7%

PR TIMES / 2014年11月21日 14時40分

~ 内定ブルー経験者は73.2% 理由は「もっと他に良い企業があるのではないか」 ~

2015年3月卒業予定で、民間企業への就職を希望している大学4年生・大学院2年生男女459名を対象に調査を実施しました。
この度、その調査結果をまとめましたので、一部抜粋してお知らせします。



調査結果

≪内定獲得状況≫
・「内定あり」76.3%(平均社数1.96社) 「内定なし」23.7%
≪内定ブルーの実態≫
・内定ブルー経験者は73.2% 理由は「もっと他に良い企業があるのではないか」
≪就職活動の振り返り≫
・会社説明会参加回数 平均23.84回
・エントリーシート・履歴書提出企業数 平均22.09社
・面接選考企業数 平均12.67社
≪学生の地元志向≫
・「(いつかは)地元で働きたい」学生は46.2%

調査概要

調査対象: 2015年3月卒業予定で、民間企業への就職を希望している大学4年生・大学院2年生の男女
調査方法: インターネット調査
調査期間: 2014年10月1日~7日
有効回答: 459名

調査・分析担当者のコメント

アイデム人と仕事研究所 古橋 孝美
2015年3月卒の学生の就職活動も終盤となり、8割弱の学生が内定を獲得しています。とは言え、内定ブルーに陥る学生も多く、自身の選択への迷いや社会に出ることへの不安も垣間見えました。懇親会など企業側から内定フォローを受けている学生も多いですが、連絡頻度が高いと逆に煩わしく感じる学生もいるようです。先般発表した「2015年度新卒採用に関する企業調査(2014年10月1日状況)」と併せて見ると、企業側が「選考の一環」と捉えているインターンシップも、学生には「社会経験」を積む機会と認識されており、双方に温度差があるようにも感じられます。


調査結果の詳細(一部抜粋)

≪内定獲得状況≫
「内定あり」76.3%(平均社数1.96社) 「内定なし」23.7%

内定の獲得状況を見ると、10月1日時点では「内定あり」の者が76.3%に上る。男女別で見ると、「内定あり」の者の割合は男性の方が若干高いものの、男女で大きな差はないようだ。 文理別では、「内定あり」の割合は、文系72.8%、理系82.2%となり、理系学生の方が内定を獲得している者の割合が高い。また、内定獲得者に具体的な社数を聞き、平均化した。全体の平均は、10月1日時点で1.96社で男女で大きな差はなく、約2社の内定を持っている学生が多いようだ。文理別に見ると、文系平均が2.03社となり、理系よりも平均内定社数が多くなっている。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング