2012 ダンロップワールドチャレンジテニストーナメント 開催レポート

PR TIMES / 2012年11月29日 11時29分

ダンロップスポーツ(株)(本社:神戸市、社長:野尻 恭)は、(株)ダンロップスポーツマーケティング(本社:東京、社長:水野 隆生)及び愛知県テニス協会との主催で、2012ダンロップワールドチャレンジテニストーナメントを11月19日(月)から11月25日(日)まで、スカイホール豊田(豊田市)にて開催しました。

今年で5回目を迎えるこの大会は、毎年最後の大会ということで選手の中では定着しつつあります。来年1月に行われるグランドスラムである全豪オープンの予選・本戦に入れるかどうかが関わってくる、選手にとっては非常に重要な大会です。



■試合結果
今年の全日本テニス選手権シングルスチャンピオンの杉田祐一選手、HPオープンでベスト4に進出した土居美咲選手を始め、昨年の本大会ダブルスチャンピオンの近藤大生選手、2009年本大会女子シングルス優勝のクルム伊達公子選手など、日本のトップ選手も多数参加。国際舞台を目指すハングリー精神を持った選手達の7日間に渡る熱い戦いが繰り広げられました。
男子シングルスでは、ノーシードから勝ちあがったミシェル・ピーシェスニー選手(ポーランド)が、守屋宏紀選手と対戦し、6-2、6-3のスコアで優勝しました。今年初めてグランドスラムの本戦出場を果たした守屋宏紀選手は、初めてのATPチャレンジャー大会の決勝進出で、優勝を狙っていたにも関わらず負けてしまい、「ピーシェスニー選手も良いプレーをしたので仕方がないが、今年最後の大会で悔いが残る。」とコメントしていました。
女子シングルスでは、第3シードのステファニー・ファーゲレ選手(スイス)が、クルム伊達公子選手と対戦し、7-6(3)、6-4のスコアで優勝しました。2人は先月フランスの大会で対戦しており、その時はファーゲレ選手が勝利を収めています。今回、クルム伊達選手は「同じ相手には2回続けて負けない」と闘志を燃やして臨んだ試合でしたが、残念ながら2年連続準優勝という形で終わりました。


男子ダブルス優勝者は、フィリップ・オズワード(オーストリア)、マテ・パビッチ(クロアチア)組がアンドレア・アーナボルディ(イタリア)、マテオ・ビオラ(イタリア)組と対戦し、6-3、3-6、10-2のスコアで勝ち、優勝しました。
女子ダブルスでは、キャシー・デラクア(オーストラリア)、アシュレー・バーティ(オーストラリア)組が宮村美紀、バルタチャヤ・ウォンテンチャイ(タイ)と対戦し6-1、6-2という圧倒的なスコアで優勝しました。バーティ選手は今年16歳で本大会最年少出場者、昨年度のウィンブルドンジュニアのチャンピオンであり、今後の活躍が期待されます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング