新しい音楽の“楽しみ方“を提案したスマートフォン向け定額制聴き放題サービス「レコチョク Best」MM総研大賞 部門最優秀賞を受賞

PR TIMES / 2013年6月18日 16時44分



株式会社レコチョク(本社:東京都渋谷区渋谷、代表執行役社長:加藤裕一、以下:レコチョク)は、本日6月18日(火)に株式会社MM総研(本社:東京都港区芝公園、代表取締役所長:中島 洋、以下:MM総研)が開催する『MM総研大賞2013』において定額制聴き放題サービス「レコチョク Best」がクラウドソリューション部門 クラウド型音楽配信サービス分野で最優秀賞を受賞いたしました。

  「レコチョク Best」は、月額980円の定額制聴き放題サービスで、配信楽曲は100万曲以上を揃えています。高音質再生や一度聴いた曲を通信圏外でも聴ける「キャッシュ機能」等に加え、日本のユーザーのために最適化された使い易いUIや様々な関連性から曲を探せる検索機能、これまでの国内の音楽配信サービスを牽引してきた点などが高く評価され、最優秀賞という栄誉に浴しました。
尚、受賞を記念して「レコチョク Best」内に「受賞記念!!皆様「ありがとう」ソング」特集を展開しております。

<「MM総研大賞」について>
「MM総研大賞」はIT分野の市場、産業の発展を促すきっかけとなることを目的に、MM総研が2004年に創設した表彰制度です。2013年度で10回目になります。優れたIT技術で積極的に新商品、新市場の開拓に取り組んでいる企業を表彰するものです。

「クラウドソリューション部門」とは
スマート社会の核となるクラウドソリューションが対象。その対象となる製品・サービス事業全般に対する「認知度」、「信頼性」、「使いやすさ」、「先進性/革新性」、「独創性」、「価格妥当性」、「市場性」に加え、将来性を図る評価軸として、「基盤製品・サービスとしての可能性」(※一つの製品・サービスの上に大きな付加価値市場ができ上がる基盤サービス・製品となる可能性)などの項目を評価基準としています。

<「レコチョク Best」について>
サービスのコンセプトは「思い出が 再生する。」。J-POPならではの懐かしい音楽も楽しめるように、定番アーティストの人気曲や季節、シチュエーションなど約500のプレイリストをご用意。機能面では再生中の歌詞表示機能はもちろん、楽曲の聴きどころだけを再生できる「ダイジェスト再生機能」などを搭載。また楽曲⇒アーティスト⇒そのアーティストの別の曲⇒同じ年代の曲⇒関連アーティストと、樹形図的に音楽との出会いが広がる新しい形のサービスです。

               ―― 記 ――
■表彰制度名
MM総研大賞2013

■受賞対象分野
クラウドソリューション部門 クラウド型音楽配信サービス分野

■受賞名
最優秀賞

■受賞対象サービス
レコチョク Best

※レコチョクBestに関する情報:http://recochoku.jp/best/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング