1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【FRONTIER】MSIコラボモデルからAMD Ryzen プロセッサー搭載ゲーミングPCを3機種発売

PR TIMES / 2021年9月3日 16時45分

インバースネット株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25、代表取締役:山本 慶次郎)(以下、当社)は、オリジナルBTOパソコンブランド「FRONTIER」から、MSI社と共同開発をしたAMD Ryzen プロセッサー搭載ゲーミングPCの販売を2021年9月3日(金)より開始いたします。



■製品の概要
このたび販売を開始する製品は、MSI社と共同開発をしたAMD Ryzen プロセッサー搭載ゲーミングPCです。高品質、高信頼性で人気のMSI製マザーボード、グラフィックスカード、電源を、サイドガラスパネルのMSI製ケースに搭載した特別仕様となっています。BTOによるカスタマイズでメモリやストレージをお選びいただけます。ご予算や用途に合わせて、ぜひお好みの1台をお選びください。

こちらの製品は、FRONTIERダイレクトストア( https://www.frontier-direct.jp/ )にて、2021年9月3日(金)より販売を開始しました。

▼AMD Ryzen プロセッサー搭載ゲーミングPC≪MSIコラボモデル≫はこちら
https://www.frontier-direct.jp/direct/e/ej-msi/?adid=pre&mn=g2021090302&argument=3TgXVMFw&dmai=PR-2109030201

[画像: https://prtimes.jp/i/8196/432/resize/d8196-432-505a742dd0ed3a387d2c-0.jpg ]



■製品の特長
<マザーボード:MPG B550 GAMING PLUS>
MPG B550 GAMING PLUSは、AMD B550チップセットを搭載したMSI製ゲーミングマザーボードです。作業効率の向上を目的に設計され、安定した機能と高品質なパーツを採用したことにより、安定したシステムを構築することができます。PCIe4.0対応PCIe×16スロット、USB3.1 Type-C、PCIe4.0×4接続対応M.2スロット、PCIe3.0×4接続対応M.2スロット等を搭載しています。

<グラフィックスカード:MSI VENTUSシリーズ>
NVIDIAの第2世代RTXアーキテクチャであるAmpereで構築され、従来のモデルから大幅な性能向上を遂げたGeForce RTX 30シリーズ採用のMSI VENTUSシリーズを搭載。パフォーマンスを重視した独自の設計、通常のファンより風圧を増加させたMSI TORX Fan3.0による効率的な冷却、補強されたバックプレートにより、あらゆるタスクを高速で処理する堅牢で実用性の高いグラフィックスカードです。

<ケース:高品質なミドルタワー MSI MPG SEKIRA 100P>
フロントパネルにアルミニウムシートを使用し、ヘアライン加工を施したスタイリッシュなデザインのPCケースです。
サイドパネルは強化ガラスを採用し、スクリューレス構造で安全かつ容易に取り外しが可能です。フロント上面にはUSB Type-Aだけでなく、一般的なコネクタとして浸透しているUSB 3.2 Gen2 Type-Cも搭載しています。メンテンスも容易な3つのダストフィルターに、前面に3つ背面に1つの120mmファンを備えており、良好なエアフローでハイスペックなパーツ搭載時でも効率的に冷却することが可能です。

<電源:80 PLUS GOLD認証取得した MSI MPG A850GF>
高い電源変換効率を実現し、80PLUS GOLD認証を取得しています。高品質で安定性の高い日本メーカー製105℃コンデンサを採用。安全性と効率性を保ちます。搭載するパーツに応じて必要なケーブルを着脱できるフルモジュラー式の黒いフラットケーブルを採用。PCケース内部のエアフローなどを考慮したケーブルの取り回しを行うことが可能です。静音の高い高耐久の流体軸受け140mm冷却ファンを搭載しています。

●インバースネット株式会社 概要
■本社所在地 : 神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25 テクノウェイブ100ビル 8階
■設立 : 昭和26年12月14日
■資本金 : 1億2245万円
■代表者 : 山本 慶次郎(代表取締役)
■事業内容 : 自社製パーソナル・コンピュータ開発、製造及び販売、他
■取扱商品 : 自社製パーソナル・コンピュータ(FRONTIERシリーズ)、パーソナル・コンピュータ用周辺機器、各種情報機器

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング