訪日外国人旅行者向け観光支援アプリケーション~JapanTaxiとの連携によりタクシー配車、マイクロソフトのAIによる翻訳機能サービスを開始~

PR TIMES / 2019年8月1日 13時0分

訪日インバウンドにとって、よりシームレスなアプリへ

 株式会社JTB(所在地:東京都品川区、代表取締役 社長執行役員 高橋広行、以下 JTB)と、株式会社ナビタイムジャパン(所在地:東京都港区、代表取締役社長 大西啓介、以下ナビタイムジャパン)が提供する訪日外国人旅行者向けのスマートフォンアプリ「JAPAN Trip Navigator」は、JapanTaxi株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長 川鍋一朗)が提供するタクシー配車アプリ「JapanTaxi」と連携をスタートします。



 「JAPAN Trip Navigator」は、年々増加する訪日外国人旅行者に対して「デジタル×ヒューマンタッチ」をコンセプトに、訪日外国人旅行者に常に寄り添った旅行のサポートサービスの提供を目的として、2018年2月22日にリリースいたしました。

 リリース後4回目となる今回のバージョンアップで、タクシー配車アプリ「JapanTaxi」と連携を行い、JAPAN Trip Navigatorアプリ上で車による移動経路を選択した際に、ボタン一つでアプリ上から「JapanTaxi」アプリを起動することができます。乗車・降車場所が入力された状態でアプリが起動されるため、アプリユーザーとタクシー運転手の行き先違いなどのミスコミュニケーションの軽減及び訪日インバウンドのタクシー利用の増加が期待されます。
 また、日本に関する質問に対して回答してくれる、マイクロソフトの自然言語認識AIを搭載したガイドチャットボットの「Miko」に、画像翻訳機能、経路検索機能、天気お知らせ機能を新たに追加いたしました。画像翻訳機能は、例えば日本語で書かれたレストランメニューや看板など、翻訳してほしい画像をチャットボット画面にアップロードすることで、その画像内にある日本語を多言語に翻訳した状態にしてくれる機能です。この翻訳機能にはマイクロソフトの提供する多言語翻訳AIの機能を利用しており、機械学習により日々翻訳精度が向上していきます。経路検索機能に関しては出発地から目的地までの行き方をチャットボットへ質問すると、ナビタイムジャパンの経路探索エンジンを基に算出した経路検索結果をチャットボットが回答します。天気お知らせ機能は、天気を知りたい地域と日にちをチャットボットに質問することで天気情報をチャットボットが回答してくれる機能です。また、多言語対応として4月末よりアプリの簡体字対応を行いましたので、簡体字圏のユーザーにもこれらの機能をご利用頂けるようになりました。
 アプリのインターフェースも大幅にリニューアルし、ユーザーの現在地や興味関心から検索する観光スポット情報や旅のモデルプラン、ツアー、アクティビティ、および施設の電子チケットの検索や予約をより直感的に操作しやすい仕様に変更しました。また、今までの経路検索では、「Japan Travel by NAVITIME」アプリに遷移する仕様となっていましたが、今回のバージョンアップにより「JAPAN Trip Navigator」アプリ内で経路検索が可能となりました。プラン作成機能に関しても、感覚的にスポットの組み換えが行えるようにインターフェースを変更した他、スポットを最も効率よく回れるルートを自動最適化する機能を実装したことで、ユーザーにとってより利便性の高いアプリとなりました。

 「JAPAN Trip Navigator」は、今後も訪日外国人旅行者に役立つ様々な機能を搭載していく予定です。ダウンロードするだけで、旅行前から旅行中のあらゆる場面で活用できるアプリとして、訪日外国人旅行者の多様なニーズにお応えできるプラットフォームを目指していきます。アプリで得られた訪日外国人旅行者の移動データ、嗜好データなどを分析し、訪日外国人旅行者の誘客に課題を持つ自治体や企業のインバウンドビジネスへの支援にも活かしていきます。また、訪日外国人旅行者に効果的にリーチできる場として、広告掲載の実装も行っております。

【今回のバージョンアップでの変更点】             
1.JapanTaxiアプリとの連携

[画像1: https://prtimes.jp/i/31978/432/resize/d31978-432-914619-0.png ]

JapanTaxi株式会社の「JapanTaxi」アプリと連携し、検索したスポットまでの移動手段としてタクシーの利用がスムーズにできるようになりました。公共交通機関では行くことが困難なスポットにも「JAPAN Trip Navigator」アプリから「JapanTaxi」アプリを起動し、タクシーの配車を行うことが可能となりました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/31978/432/resize/d31978-432-998819-1.png ]


  <タクシー配車機能イメージ>

2.AIチャットボットのサポート機能の追加
マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を基盤として開発された、AIチャットボットの「Miko」に従来のチャットによる返信機能に加え、画像翻訳機能・経路検索機能・天気情報返答機能を実装し、ユーザーからのより多くの困りごとに関してお応えすることが可能となりました。画像翻訳機能に関してはユーザーが翻訳してしたい画像や写真をチャット画面にアップロードすると、翻訳された画像が返信されます。この機能により飲食店のメニューや街の標識など、身近な情報を気軽に翻訳して調べることができるようになりました。「Miko」との会話を通じて、まだ知らない日本の魅力を感じてください。
[画像3: https://prtimes.jp/i/31978/432/resize/d31978-432-893879-2.png ]


<画像翻訳機能イメージ>  <経路検索機能イメージ>   <天気お知らせ機能イメージ>

3.ユーザーニーズに即したインターフェースへ変更
ホーム画面のインターフェースの検索タブを簡素化しユーザーが、直感的に自分の探したい情報を見つけられるような仕様に変更いたしました。オリジナルプラン作成画面も感覚的にスポットの入れ替えや追加ができるようなインターフェースに変更し、世界で自分だけのオリジナルツアーを楽しく作成できるようになりました。また、作成したオリジナルプランのスポット間を効率よく回るために、プラン最適化機能も実装し、初めて訪れた地域でも時間を無駄にせず、無理なく快適に回れるプランを作成することが可能になりました。

4.スポットまでの経路・交通手段の確認が容易に
検索したスポットまでの経路、移動時間を移動手段別に表示することが可能になりました。公共交通機関や車を利用した場合など、それぞれの移動手段別に経路や移動時間を確認することが可能になったため、ユーザーの日本旅行のプランニングがより容易にできるようになりました。

5.簡体字の言語対応
英語、繁体字の対応言語に簡体字を加え、簡体字圏ユーザーの利用が可能になりました。中国大陸からの年間約800万人(※)を超える訪日外国人旅行者に加え、マレーシアなど簡体字圏内の方々の日本旅行のサポートが当アプリでできるようになりました。
(※)「日本政府観光局(JNTO)の2018年1月~12月統計」8,380,100名より


【「JAPAN Trip Navigator」概要】 
紹介ページ(英語): http://www.jtb.co.jp/inbound/appli/index.asp

コンセプト:訪日外国人旅行者に寄り添いながらサポートできるサービス

~友達、ガイド、専属アシスタントがすぐそばにいるような体験~


対応言語:英語・繁体字・簡体字
観光情報提供地域:日本全国(47都道府県)
対応OS:iOS、Android
主要機能:



経路検索、タクシー配車アプリとの連携
アシスタント機能(AIチャットボット)による日本旅行ガイド及び翻訳機能
宿泊施設、ツアー、アクティビティ、レストランの予約との連携
全国を網羅する観光情報のカテゴリー別・都道府県別・趣味嗜好別の検索機能
モデルプランを基にしたオリジナルの観光プラン作成機能

※ダウンロード、提供サービス機能の利用は無料

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング