【ホテル日航東京】「お台場寄席 五街道雲助・桃月庵白酒 親子会」開催2015年1月24日(土)

PR TIMES / 2014年12月9日 19時17分

■“正統派・雲助”&“真打・白酒”による師弟落語家の競演  ■寄席芸能情報誌「東京かわら版」元編集長とのトークショーも開催



====================================================
~ホテル日航東京 シーズナルフェア「江戸繚乱 2015」~
「お台場寄席 五街道雲助・桃月庵白酒親子会」開催2015年1月24日(土)
 http://www.hnt.co.jp/archives/15496
■“正統派・雲助”&“真打・白酒”による師弟落語家の競演
■寄席芸能情報誌「東京かわら版」元編集長とのトークショーも開催
====================================================

 ホテル日航東京(東京都港区台場 総支配人:本中野 真)は、2015年1月1日(木)~2015年3月下旬まで“江戸の趣”をコンセプトにしたシーズナルフェア「江戸繚乱」を開催いたします。これに伴い、落語界で正統派と名高い五街道雲助(ごかいどうくもすけ)と、その弟子であり若手真打である桃月庵白酒(とうげつあんはくしゅ)のお二人をお招きして、落語イベント「お台場寄席 五街道雲助・桃月庵白酒 親子会」を開催いたします。

 五街道雲助は、落語家や落語ファンからの評価がきわめて高く、重厚な語り口ながら、軽妙な味わいをあわせもつ稀有なキャラクターで、2009年に文化庁芸術祭優秀賞を受賞、2013年には文化庁が主催している芸術選奨文部科学大臣賞を受賞しており、名実ともに“正統派”の高座が魅力です。その弟子である桃月庵白酒は、人間くささの表現にたけており、うぬぼれ・嫉妬・うろたえなどといった感情の機微をみずみずしく演じる表現力でファンを魅了し、2011年に国立演芸場花形演芸大賞をはじめ多数受賞歴のある人気と実力を備えた若手真打です。落語界では、師弟関係の会のことを「親子会」と呼びならわすのに倣い、今回の落語イベントも“親子会”と銘打っております。

 演目は、真打・桃月庵白酒が夏の隅田川を舞台に船宿の若旦那があたふたする滑稽話「船徳」を、正統派・雲助がお初と徳兵衛の切ない恋を描いた人情話「お初徳兵衛」を重厚な人間ドラマとして演じます。「お初徳兵衛」は、明治期の初代三遊亭圓遊が滑稽噺に仕立て直して、「船徳」にしたと言われています。この親子関係にある2つの演目を、師弟関係にある2人の演者によって並べて聞ける機会は大変珍しく、落語のなりたちを感じながら粋で洒落た世界をご堪能いただけます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング