グローバル過渡エラストグラフィデバイスの市場規模調査ータイプ別(VCTE-振動制御トランジェントエラストグラフィ)、アプリケーション別(病院、診療所など)、地域別ー予測2020-2027年

PR TIMES / 2020年10月13日 8時45分

Kenneth Researchは調査レポート「グローバル過渡エラストグラフィデバイス市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2020年10月 12日 に発刊しました。レポートには、今後数年間でグローバル過渡エラストグラフィデバイス市場を大きく変えると推定される将来の見通しに関する詳細な調査が含まれています。レポートはまた成長の機会と(市場の製品)の全体的な需要、市場動向、業界の主要なプレーヤーとそれらによって使用される戦略をカバーしています。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/global-transient-elastography-devices-market/10328089




[画像: https://prtimes.jp/i/59861/434/resize/d59861-434-881516-0.jpg ]


過渡エラストグラフィは、肝組織の硬さを評価するために使用される新しい非侵襲的方法であり、さらに肝疾患の存在とその発症段階を分析するために使用されます。組織の硬さの定量的な一次元画像は、一時的なエラストグラフィによって提供されます。座りがちな生活や大量の飲酒などの要因により、線維症や肝硬変などの肝障害の症例数が増加しました。米国疾病予防管理センター(CDC)によると、2017年の米国での過度のアルコール摂取による肝疾患による死亡者数は22,246人でしたが、2040年までに1128400人に増加すると予測されています。

人々は早い段階で正確な診断に気づき始めていますが、過渡エラストグラフィ装置の需要は確かに高いです。これにより、過渡エラストグラフィデバイス市場が大幅に拡大すると予想されます。しかし、デバイスと診断手順の高コストは、予測期間にわたって市場の成長を妨げると予想されます。市場におけるいくつかの機会要因は、肝臓関連疾患の早期診断に関する人口意識の高まりです。これらの要因は、予測を超えて過渡エラストグラフィデバイス市場の成長を後押しすると予想されます。

市場の成長を後押しする肝障害の症例の増加

座りがちな生活や過剰な飲酒などの要因により、肝障害の症例が増加し、肝線維症や肝硬変が大幅に増加しています。米国疾病予防管理センター(CDC)によると、2017年の米国でのアルコールの過剰摂取による肝疾患による死亡者数は22,246人でした。早期の正確な診断に対する国民の意識が高まっていることから、過渡エラストグラフィデバイスの需要が高まっています。これにより、過渡エラストグラフィデバイス市場が大幅に拡大すると予想されます。

エラストグラフィデバイスの多目的アプリケーションは、市場の成長を牽引
さまざまな医学的問題の症例数の増加により、世界中の医療技術の進歩は急速に進歩しています。その結果、診療所や病院で複数の病気を治療するためのより優れた医療機器に対する需要が高まっています。過渡エラストグラフィデバイスは、門脈圧亢進症、乳癌、前立腺癌、および線維症が重要な役割を果たす他の疾患などの他の障害にも使用されます。これらの要因は、予測期間中に市場の成長を牽引すると予想されます。

過渡エラストグラフィデバイス市場は、トランジェントエラストグラフィデバイスを製造および販売する地域の主要な市場プレーヤーの普及に起因する最大のシェアを占めると予測されています。欧州肝臓研究協会のガイドラインに従って、非侵襲的過渡エラストグラフィ技術を使用して肝臓の問題を評価するための基準が拡大することで、この薬の需要が高まると予測されます。

ヘルスケア機器の急速な開発と地域での研究活動の増加の結果として、アジア太平洋地域の産業は予測期間中に最も高い速度で成長すると予測されています。この地域、特に中国、日本、インドなどの国々での医療施設の進歩も、この製品の需要を高めています。

U.S. Centers for Medicare&Medicaid Servicesによると、米国の2018年から2027年の間に、国民の医療費は年率5.5%で増加すると推定されています。さらに、同国のヘルスケア業界の総支出は、2027年末までに約6兆米ドルに達すると予想されています。このような要因を背景に、市場は今後数年間で大幅な成長を観察すると予測されています。グローバル過渡エラストグラフィデバイス市場は、予測期間中に大幅なCAGRで成長すると予想されます。

グローバル過渡エラストグラフィデバイス市場は、タイプ別(VCTE-振動制御トランジェントエラストグラフィ、CAP制御減衰パラメータ)、アプリケーション別(病院、診療所など)および地域別などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

さらに、地域に基づいて、市場は北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、ラテンアメリカ、中東&アフリカに分割されます。2019年、メディケイドによる病院への支出は米国で最大5.1%増加しました。これは、2020年から2027年の間に、年率5.7%でさらに成長すると予想されています。
レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10328089

市場は、地理に基づいてさらにサブセグメント化されており、各国の市場成長が評価されます。グローバル過渡エラストグラフィデバイス市場は、地理に基づいてさらに区分されます。

北米(米国およびカナダ);ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ諸国)
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)。


レポートはさらに、グローバルレベルで主要な市場プレーヤーによって採用された企業プロファイルとビジネス戦略の詳細な評価で構成されています。グローバル過渡エラストグラフィデバイス市場におけるEchosens、Sandhill Scientific、FibroScan、VCTE-Vibration Controlled Transient Elastographies、CAP-Controlled Attenuation Parameters、Diversatek, Incなどキープレーヤーにさらに焦点を当てています。

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング