“MUJI キャナルシティ博多” と “ちくご” の出会い

PR TIMES / 2013年2月8日 11時18分

「キャナルシティ博多 meets ちくご」への参加

無印良品の九州地域の旗艦店であるMUJI キャナルシティ博多は、大牟田市・久留米市・柳川市・八女市・筑後市・大川市・小郡市・うきは市・みやま市・大刀洗町・大木町・広川町・福岡県が推進する筑後田園都市推進評議会と所属する商業施設キャナルシティ博多タイアップ企画「キャナルシティ博多 meets ちくご」に参加し、ワークショップ、トークイベントを開催します。



キャナルシティ博多 meets ちくご とは

あなたにとっての、理想の「暮らし」について考えてみませんか?
住み良いちくごは、近年、観光地としてだけでなく移住地としても注目を浴びており、IT を活用してビジネスを展開する働き方が、ひとつのモデルとなってきています。ちくごから全国へ、そして世界へ、ビジネス・情報を広げている熱い人が数多く存在します。一方で、駅の近くなどに暮らしながら、充実したプライベートタイムと都心部への通勤を両立させるというワークスタイルを選ぶ方も多く、ちくごには自分の価値観に合った暮らしを送ることができる環境が備わっているといえます。

今回のイベントでは、期間中実施する、ワークショップ、トークイベントやパネル展などを通じて、ちくごに昔から伝わる伝統・文化や豊かな食だけでなく、その住み良さもお伝えします。一人でも多くの方に、将来、ちくごを理想の「暮らし」のステージとして選ぶきっかけにしていただきたいと思います。


無印良品開催イベント概要

1. 実施期間:平成25年2月23日(土)~3月3日(日)

2. 場   所:キャナルシティ博多(福岡市博多区住吉1−2)


3. 対   象:ちくごや、暮らし・仕事というテーマにご興味のある方

4. 内   容:“MUJIキャナルシティ博多”と“ちくご”の出会い(場所:ノースビル3・4F)
  1. ワークショップ
     ちくごの知恵と遊び心がたっぷり!
  2. トークイベント
    地方での暮らしや働き方のヒントが見つかる!

    【パネリスト】

    西村 佳哲(働き方研究家) 

    豊嶋 秀樹(gm projects) 

    江副 直樹(九州ちくご元気計画総合プロデューサー)


『プログラムの詳細についてはこちら→移住・定住情報サイト「ちくご暮らし」 http://kurashi.chikugolife.jp/ 』
(近日記事アップ予定)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング