いきものがかり水野良樹と音楽プロデューサー江口亮のスペシャルインタビューが公開!進化するソニーのウォークマン(R)と有線・無線ヘッドホンを徹底レビュー!

PR TIMES / 2021年2月24日 9時45分

対象商品購入者にNW-A100シリーズ用「レトロWalkman(R)ケース」をもれなくプレゼント!

ソニーマーケティング株式会社は、2月26日(金)から、ストリーミングウォークマン(R)と、有線・無線ヘッドホンとの組み合わせによる音の楽しみ方を提案するキャンペーン「W.ired or W.ireless?その答えは、W.で聴け。」の第3弾を開始します。
サイトURL https://www.sony.jp/walkman/special/wired_or_wireless/



このキャンペーンでは、ウォークマン(R)と有線ヘッドホンを組み合わせた「W.ired Sound」と、ワイヤレスヘッドホンを組み合わせた「W.ireless Sound」のそれぞれの個性を紹介しています。2021年2月26日(金)から2021年4月12日(月)のキャンペーン期間中に、対象モデルのウォークマン(R)とヘッドホンをセットで購入した方に、『NW-A100シリーズ』用「レトロWalkman(R)ケース」をもれなくプレゼントいたします。また、特設サイトにはいきものがかりのソングライター水野良樹と、数多くのアーティストの作品に携わる音楽プロデューサー江口亮が登場。ウォークマン(R)『NW-A100シリーズ』、有線ヘッドホン『MDR-1AM2』およびワイヤレスヘッドホン『WH-1000XM4』を実際に使用し、アーティストとプロデューサーという異なる立場から、ウォークマン(R)およびヘッドホンの魅力を語っています。さらに、全国5大都市のソニーストアで『いきものがかり「WHO?」Special Experience in Sony Store』の開催が決定しました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/401/439/resize/d401-439-186703-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/401/439/resize/d401-439-384276-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/401/439/resize/d401-439-809431-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/401/439/resize/d401-439-593817-3.jpg ]

【いきものがかりの新曲「BAKU」を聴き比べ!ウォークマン(R)と有線・無線ヘッドホンの相性を徹底レビュー!】
「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」の新オープニングテーマとなったいきものがかりの新曲「BAKU」を手がけた 水野良樹は、まず『NW-A100シリーズ』と有線ヘッドホン『MDR-1AM2』の組み合わせで「BAKU」を試聴。「通常音源とハイレゾ 音源をそれぞれ聴かせてもらったんですけど、当然ハイレゾの方がいいですね。全体的にクリアに聴こえました。」とコメントし、有線とワイヤレスの両方で視聴した江口は、「ワイヤレスの方は装着したときの感じが気持ちよくて、音楽を聴きながら眠れそうです。」と装着感の良さにも言及しました。「ちなみにお二人は過去にウォークマン(R)を使っていましたか?」という質問には、水野は「高校生の頃はメンバー3人で学校の廊下に集まって練習してたんですけど、MDウォークマン(R)を使って録音してました。」と答え、いきものがかりの高校時代のバンド練習風景が明らかに。カセットウォークマン(R)やCDウォークマン(R)から使用していたという江口は、ウォークマン(R)の進化に対して「いいスピーカーを買わなきゃ味わえない音楽体験をウォークマン(R)とヘッドホンさえあれば同じ環境で聴けるってことなので、作る側としてもいいことなのかもしれない。」と作り手視点で語りました。また、「いい音で聴きたいなと思う曲」に江口はいきものがかりの「ブルーバード」を挙げ、「リマスター版とオリジナル版を聴き比べたときにちゃんと差がわかるヘッドホンとウォークマン(R)だから、そういう遊びをしてみたら楽しいかも。」と提案。最後に「あなたは有線派?無線派?」の問いに、江口は「ワイヤードなら音楽に没頭できるし、ワイヤレスなら生活の中で音楽が鳴っている状態を楽しめるし。どちらにもいい面があるから選ぶのが難しいですね。でも僕は自分が手がけた作品が普段と違う環境でどう聴こえるかが気になるので、無線派かな。」、水野は「今の音楽シーンは僕らよりひと回り下の世代が第一線で活躍していて、皆さん音楽的に深い教養を持っている」とした上で、「彼らが作る音楽って情報量がすごく多いけど、このワイヤードヘッドホンならその多大な情報量も聴き取れると思うんですよ。音楽的な素養をより深めることができるんじゃないかなと思います。」とコメントしました。

【NW-A100シリーズ用「レトロWalkman(R)ケース」プレゼント&いきものがかりソニーストアイベント決定!】
「W.ired or W.ireless?その答えは、W.で聴け。」キャンペーンでは、2021年2月26日(金)~2021年4月12日(月)の期間中に、対象モデルのウォークマン(R)とヘッドホンをセットで購入した方に、『NW-A100シリーズ』用「レトロWalkman(R)ケース」をもれなくプレゼントします。また、いきものがかりがメジャーデビュー15周年を迎える3月15日(月)から、全国5大都市(札幌・銀座・名古屋・大阪・福岡天神)のソニーストアにて、ここでしか出来ない映像体験をいきものがかりの作品と共に展開する『いきものがかり「WHO?」Special Experience in Sony Store』の開催が決定しました。

「W.ired or W.ireless?その答えは、W.で聴け。」第3弾キャンペーン概要
ウォークマン(R)と有線ヘッドホンを組み合わせた「W.ired Sound」と、ワイヤレスヘッドホンを組み合わせた「W.ireless Sound」のそれぞれの個性を紹介していきます。対象モデルのウォークマン(R)とヘッドホンをセットで購入した方に『NW-A100シリーズ』用「レトロWalkman(R)ケース」をもれなくプレゼントします。
■特設サイトURL : https://www.sony.jp/walkman/special/wired_or_wireless/
■製品購入対象期間 :2021年2月26日(金)~2021年4月12日(月)
■キャンペーン応募期間 :2021年2月26日(金)10:00~2021年4月26日(月)10:00
■キャンペーン対象モデル
ウォークマン(R)NW-A100シリーズ:NW-A105、NW-A105HN、NW-A106、NW-A107
ヘッドホン<有線> :MDR-1AM2、XBA-N3、XBA-N1、MDR-H600A、IER-NW510N
<無線> :WH-1000XM4、WH-CH710N、WF-1000XM3、WF-H800、WF-XB700、WF-SP800N、WF-SP900、WI-XB400
※NW-A105HNは単品購入でも応募可能です

いきものがかりNewシングル「BAKU」2月24日にリリース!
いきものがかりが、33枚目のシングル「BAKU」をリリース。テレビ東京系アニメーション『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』1月クールオープニングテーマとして、詞曲をメンバーの水野良樹が書き下ろし。さらに「BORUTO」の原作となる「NARUTO-ナルト-疾風伝」のテーマ曲に起用された「ブルーバード」「ホタルノヒカリ」を手掛けた江口亮が編曲。絶えぬ“夢”を追う華麗さや葛藤を、印象的なブラスと共に力強いサウンドで表現したアッパーチューンに仕上がった。「BAKU」に加え「ブルーバード」「ホタルノヒカリ」のリマスター音源も収録した、いきものかがりのNARUTO/BORUTOシリーズ楽曲コンプリート版が完成!
■CD収録内容:
1.BAKU/2.ブルーバード (2021 Remastered)/3.ホタルノヒカリ (2021 Remastered)
4.ブルーバード (Slushii Remix)/5.BAKU -Instrumental-
■価格:通常盤 ESCL-5319 ¥1,200 +税
■特典:ピクチャーレーベル仕様 (初回仕様のみ)、いきものカード056封入 (初回仕様のみ)
[画像5: https://prtimes.jp/i/401/439/resize/d401-439-997738-4.jpg ]

『いきものがかり「WHO?」Special Experience in Sony Store』が全国5大都市のソニーストアにて開催決定!
いきものがかりがメジャーデビュー15周年を迎える3月15日(月)から、全国5大都市(札幌・銀座・名古屋・大阪・福岡天神)のソニーストアにてソニーが開発中のVolumetric Capture(ボリュメトリックキャプチャ)技術*1や最新のXperia™ スマートフォン等の製品を用いて、ここでしか出来ない体験をいきものがかりの作品と共に展開する『いきものがかり「WHO?」Special Experience in Sony Store』の開催が決定しました。昨年8月2日にボリュメトリックキャプチャ技術を使用し、世界初の生配信を行い各メディアで大きな話題となった『いきものがかり Volumetric LIVE ~生きる~』。開催期間中は、本Live映像を、Xperiaを用いたAR(拡張現実)ライブとして5G通信がもたらす世界の疑似体験*2や、視線認識技術による立体映像を実現する、空間再現ディスプレイで、これまでにない映像表現としてお楽しみいただけます。また、最新シングル「BAKU」のハイレゾ音源を、最新のXperiaおよびウォークマン(R)とヘッドホンの組み合わせで高音質試聴できる他、「BAKU」のアナログレコードをレコードプレーヤーにて試聴を楽しめるコーナーも設置します。さらにフォトスポットとして「BAKU」のミュージックビデオでも登場した「バク」の衣装などの限定展示を予定。加えて、メンバーの水野良樹が応援コメントを寄せ、昨年より進行していたソニーのプロジェクトSony Creators Gate「エンタメのブカツ 2021」×いきものがかりのデビュー曲「SAKURA」のコラボレーション企画で、同「SAKURA」を題材にこの一年の想いを込めた卒業制作として中高生が創り上げたミュージックビデオも会場内モニターにて展示します。会場ではSNS#キャンペーンも実施します。フォトスポットやARライブ等の店内体験コーナーの投稿でノベルティをプレゼント!ソニーストアでのスペシャルな体験を感想と共に是非投稿してください!
■特設サイトURL: https://www.sony.jp/store/retail/event/ikimonogakari
■開催日程 :2021年3月15日(月)~2021年4月4日(日)
■開催場所 :ソニーストア 銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神
*1: ボリュメトリックキャプチャ技術は、実世界空間をまるごと撮りこみ、後から自由に視点を動かして視聴することを可能にする自由視点映像技術の一つです。
*2: 5G通信の世界をデモ用のコンテンツで体験いただきます。実際の5G通信を使用した体験ではありません。
[画像6: https://prtimes.jp/i/401/439/resize/d401-439-689007-5.jpg ]

-アーティスト・クリエイタープロフィール-
水野良樹

[画像7: https://prtimes.jp/i/401/439/resize/d401-439-239383-6.jpg ]

SongWriter
1982年12月17日神奈川県出身。1999年に吉岡聖恵、山下穂尊といきものがかりを結成。
2006年に「SAKURA」でメジャーデビュー。
作詞作曲を担当した代表曲に「ありがとう」「YELL」「じょいふる」「風が吹いている」など。
グループの活動に並行して、ソングライターとして国内外を問わず様々なアーティストに楽曲提供。
またテレビ、ラジオの出演だけでなく、雑誌、新聞、webなどでも連載多数。
2019年に実験的プロジェクト「HIROBA」を立ち上げ。
いきものがかり オフィシャルサイト: https://ikimonogakari.com/

江口亮

[画像8: https://prtimes.jp/i/401/439/resize/d401-439-747585-7.jpg ]

有限会社ファブリーク代表取締役
プロデュース、アレンジ、演奏
2003年Stereo_Fabrication_of_Youthで東芝EMIよりデビュー。バンド活動と並行してアレンジャー
としても活動。2014年、la la larksでビクター/フライングドックよりリリース。
株式会社イブスタジオを経て、名古屋市内と自宅スタジオを設立。2020年荻窪にスタジオを設立。
現在はディレクター業、楽曲提供、バンドのプロデュースまで幅広く対応している。

商品概要
■ウォークマン(R)Aシリーズ NW-A100シリーズ

[画像9: https://prtimes.jp/i/401/439/resize/d401-439-511447-8.jpg ]

価格 :オープン価格
カラー :レッド/オレンジ/ブラック/ブルー/アッシュグリーン
製品情報: https://www.sony.jp/walkman/products/NW-A100_series/
『NW-A100シリーズ』はSpotifyやYouTube™、Apple Musicなどのストリーミングサービスをハイレゾリューション・オーディオ(ハイレゾ)相当*1の高音質で楽しめるウォークマン(R)です。Android™の搭載とWi-Fi接続対応で、moraなどのダウンロードサービスからパソコンを使わずにウォークマン(R)本体に直接音源を入れることもできます。また、AI技術が楽曲を自動で解析し、ハイレゾ相当*1にアップスケーリングするDSEE Ultimate™やウォークマン(R)が培ってきた高音質技術で、多彩なコンテンツをスマートフォンよりクリアかつ躍動感のある音で楽しめます。加えて、3.6インチのHD(1280×720ドット)タッチスクリーンディスプレイを搭載し、USB Type-C™に対応しています。

■ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-1000XM4

[画像10: https://prtimes.jp/i/401/439/resize/d401-439-409856-9.jpg ]

[画像11: https://prtimes.jp/i/401/439/resize/d401-439-213338-10.jpg ]

価格 :オープン価格
カラー :プラチナシルバー/ブラック
形式  :密閉, ダイナミック
製品情報: https://www.sony.jp/headphone/products/WH-1000XM4/

■ステレオヘッドホン MDR-1AM2

[画像12: https://prtimes.jp/i/401/439/resize/d401-439-163474-12.jpg ]

[画像13: https://prtimes.jp/i/401/439/resize/d401-439-800274-11.jpg ]

価格 :オープン価格
カラー :ブラック/シルバー
形式  :密閉ダイナミック型(耳覆い型)
製品情報: https://www.sony.jp/headphone/products/MDR-1AM2/

*1: <有線接続の場合>「DSEE HX」ON時。W.ミュージック再生時は「DSEE Ultimate」が働きます(最大192kHz/32bitまで拡張。ただし、表示は「DSEE HX」)。<無線(Bluetooth(R))接続の場合>対応ヘッドホンの「DSEE HX」または「DSEE Extreme」ON時(最大96kHz/24bitまで拡張)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング