ー中学1年~高校2年生9,468人の中高生対象「ICT利用実態調査」ー 高校生の4割が「メールやLINEを書きながら」勉強

PR TIMES / 2014年12月9日 13時19分

コミュニケーションに、趣味に、情報入手に、勉強に。ICTメディアが中高生の生活に浸透。



 株式会社ベネッセホールディングス(本社:岡山市)の社内シンクタンク「ベネッセ教育総合研究所」では、2014年2月~3月に、全国28の中学校・高校に協力いただき、中学1年生~高校2年生9,468人を対象にしたICTメディアの利用実態・意識に関する調査を実施しました。現在、多くの中学生・高校生がICTメディアを利用しています。そうした状況は、子どもたちの生活や文化にどのような影響を与えているのでしょうか。本調査は、できる限り子どもたちの目線で、ICT利用の現状と彼らの本音を明らかにしようとしているのが特徴です。

 主な調査結果は、以下の通りです。

スマホなしでもインターネットにつながる中学生
1. 中学生87%、高校生97%がインターネットを利用。中学生のアクセスデバイスは多様に。
・中学生の87.3%、高校生の96.9%が、ふだんインターネットやメールを使っていると回答(「使っている」と「ときどき使っている」の合計)。中学生でも9割近くがインターネットを利用している。
・インターネット利用者にアクセスツールをたずねたところ、「スマートフォン」は高校生で86.1%と高いものの、中学生は42.1%にとどまる。中学生は「パソコン」(54.6%)、「携帯音楽プレーヤー」(28.5%)、「タブレット端末」(18.7%)、「ゲーム機」(23.8%)など、いろいろな方法でアクセスしている(複数回答)。

インターネットがコミュニケーションに不可欠に
2. ネット上でコミュニケーションをしている中学生の63%、高校生の60%が、「メールがきたらすぐに返事」。
・中学生の64.8%、高校生の92.1%が、コミュニケーションを目的にインターネットを利用している(メール、チャット(LINEなど)、Twitter、SNSのいずれかを週1回以上行っている比率)。1日のコミュニケーション目的での利用時間(平均)は1時間を超え、仲間とのやりとりに欠かせないツールになっている。
・インターネット利用者のうち、「メールがきたらすぐに返事を出す」のは中学生で63.3%、高校生で59.8%。コミュニケーションを大切にしている様子がうかがえるが、「メールのやりとりが嫌になることがある」(中学生28.2%、高校生51.6%)、「メールやチャットを終えるタイミングが難しい」(中学生31.6%、高校生40.4%)といったわずらわしさを感じる中高生も多い。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング