子どもたちに木の大切さを伝える「ウッドスタート協定」を締結

PR TIMES / 2013年4月11日 14時26分

東京おもちゃ美術館との連携

無印良品を企画、開発する株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 金井政明)は、東京おもちゃ美術館を運営する認定NPO法人日本グッド・トイ委員会(以下 東京おもちゃ美術館、東京都新宿区/理事長 多田千尋)の行う子どもたちに木の大切さを伝えるための活動に賛同し、「ウッドスタート協定」を4月23日に締結します。今後、無印良品は子どもに関わる商品やサービスの一層の充実を図ります。



子どもたちに伝えたい 「木とふれあう生活」 

 東京おもちゃ美術館が推進する「ウッドスタート」とは、子どもたちが木とふれあえる環境を整えることで、豊かな子育てを実現するとともに、暮らしの中に木を取り入れることで、木の持つ可能性を最大限に生かすこと。また、子ども自身や子育てする人たちが木の良さを知り、暮らしに木を取り入れることによって国産材木製品の消費を増やし、日本の森を育て、守ることができる循環型社会を目指しています。

 無印良品は生活美学の専門店の立場から「感じ良いくらし」を実現することを目指し、天然素材を追求し、商品に取り入れています。木材は創業当時より、商品および店舗環境を構成する上で欠かせない素材の1つです。次の世代を担う子どもたちに木の魅力を感じて欲しいという願いから、無印良品は東京おもちゃ美術館と「ウッドスタート協定」を締結します。

新規開店の西日本最大の旗艦店で 「ウッドスタート宣言」

 JR大阪駅北口に4月26日グランドオープンする新商業施設グランフロント大阪内に無印良品は西日本最大の旗艦店を出店いたします。「新しい大阪の力を関西に、全国に広げていく」というグランフロントの思いを共有し、無印良品グランフロント大阪もまた、大阪から全国に新しい活動を宣言する拠点となります。その象徴としてこの度、東京おもちゃ美術館、大阪府とともに子どもたちに木の大切さを伝えるための「ウッドスタート宣言」、大阪府の活動に協力する「木のぬくもりネット活動宣言」をグランドオープンに先立つ4月23日に行います。

 また、同日、大阪府、東京おもちゃ美術館、無印良品の共催の「おおさか木育円卓会議」を無印良品グランフロントに併設するCafe & Meal MUJI グランフロント大阪にて開催いたします。円卓会議では、「木のある生活」の魅力を通して地域と人とを結ぶ活動のさきがけとなる府内産木材「おおさか材」のブランドを軸に「木育」の意義について関係者が語り合い、その思いを多くの皆様に伝えたることを目的としています。


【無印良品のウッドスタート宣言】※大阪府内店舗での活動を含む全国展開の活動

■ 国産材中心の木材で作られた子どもの遊び場「木育ひろば」の設置を推進                               昨年9月より有楽町をはじめ7店舗で既に導入している子どもの遊び場を全国の子供売場展開店舗で順次導入します。2013年度は9店舗で導入予定。

■ 旗艦店にて移動型おもちゃ美術館「木育キャラバン」、関連イベントの実施協力
グランフロント大阪オープニングイベントとして、4月23日プレオープンから5月12日まで実施予定。今後は全国の旗艦店を中心に随時実施を行う予定。

■ MUJI Card 会員で赤ちゃんが生まれたお客様に「初めての木のおもちゃ」をプレゼント
6月中旬よりサービス開始予定。詳細は未定。

 
【木のぬくもりネット活動の概要】
大阪府が企業や団体とネットワーク化を図り、ぬくもりや柔らかさといった木材の特性を生かして子どもの育成環境の向上を図るとともに、子どもの頃から木材に接することにより、その良さを体感し、森林の大切さや木材に対する理解を深めるために行う活動です。

【おおさか木育円卓会議概要】※木のぬくもりネット活動の一環
日   時: 4月23日(火) 午後2:30~4:00
場   所:  グランフロント大阪・無印良品併設 Cafe & Meal MUJI グランフロント大阪
出席団体: 大阪府、河内長野市、和泉市、大阪市住之江区、大阪教育大学、島根大学、
東京おもちゃ美術館、大阪府地域産材活用フォーラム、大阪木材青年経営者協議会、
大阪市製材業協同組合、NPO木育フォーラム、無印良品

【無印良品グランフロント大阪関連企画】※木のぬくもりネット活動の一環
■ おおさか材、国産材を中心に使用した「木育ひろば」の設置(常設、写真はイメージ)


■ おおさか材を中心に国産材を使用した木のおもちゃ「くるりんカー」(6月中旬全国発売予定)限定200個を4月26日グランドオープン日から子供服5,000円以上お買い上げのお客様にプレゼント


■ 「くるりんカー」限定100個を先行発売

■ 「木育キャラバン」を4月23日(プレオープン日)~5月12日に開催

※期間中、おもちゃコンサルタントによるイベントワークショップを随時開催。

【認定NPO法人日本グッド・トイ委員会概要】
所 在 地: 東京都新宿区四谷4-20 四谷ひろば内
理 事 長: 多田千尋
活動内容:  遊びのコーディネートや手作りおもちゃの指導などを通じ、日本に良質な遊びを広めること
で、社会が豊かになる活動を推進する。東京都新宿区にある多世代交流ミュージアム
「東京おもちゃ美術館」の運営を行う。

東京おもちゃ美術館
戦前に建てられた旧新宿区四ツ谷第四小学校の11教室を利用して、テーマ別におもちゃを展示。

実際に手にとって遊ぶことができ、遊びを通じた「多世代交流」と「木育推進」に取り組んでいます。

国産の木製玩具が並ぶ「おもちゃのもり」や全国10地域の杉が使われた「赤ちゃん木育ひろば」といった施設など、人々の会話や笑い声があふれるミュージアムです。

所在地: 東京都新宿区四ツ谷4-20 四ツ谷ひろば内
アクセス: 東京メトロ丸の内線「四ツ谷三丁目駅」、都営新宿線「曙橋駅」より徒歩6分

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング