アイアン・メイデン最新ライヴ作品『ファイナル・フロンティア・ライヴ(原題:EN VIVO!)』3/28リリース決定!

PR TIMES / 2012年1月18日 16時40分



1980年にデビュー、メタルの頂点を走り続け、2010年に発売した15枚目のスタジオアルバム『ファイナル・フロンティア』はイギリスを含め全世界27カ国で1位を記録し、いまだ全世界最高のメタル・バンドと評される「アイアン・メイデン」。彼らの最新ツアーのライヴ作品の発売が決定しました。

このライヴは、最新アルバムのリリースに合わせて行われた全世界ツアーの『ファイナル・フロンティア・ワールド・ツアー 2010-11』のもの。
このツアーはリード・シンガーのプルース・ディッキンソンがパイロットを務めるボーイング757、その名も「エド・フォース・ワン」で通算3度目の世界周航を行い、全36カ国98公演で200万人以上のファンを魅了したものです。

今回の作品で収録されるステージは、2011年に4月10日に南米のチリにあるサンディアゴ国立スタジアムで満員の5万人以上の観客を前に行われたもの。メイデンのパフォーマンスに応えるような南米の熱狂した観客も見ものの一つです。
ここに決めたことに関してバンドのリーダーデアルスティーヴ・ハリスは、
「ファイナル・フロンティア・ツアーでは南米で撮影することが重要だったんだ。
何故なら毎回そこを訪れる度にファンのリアクションに圧倒され、どうしてもそれを収録したかったんだ。
色々と検討した結果、ツアーの中でもベストなパフォーマンスの1つだったし、国立スタジアムで演奏できた事は我々にとっても画期的な瞬間だったからサンティアゴでのライヴを選んだんだ」と語っています。

また、ライヴの中には、「新しい巨大なエディもお披露目されているんだ。もともとは2011年後半のヨーロッパ・ツアーまでは登場する予定がなかったんだけど、特別な大型コンテナに入れて海を渡って彼を運び南米ツアーの後半に間に合わせることが出来たんだ」とも話しているので、こちらも注目です。

このライヴと合わせて、Disc2にはツアーやライヴの舞台裏を撮影したドキュメンタリー等も収録された作品も発売されます。なかなか見ることができないスタジアム・ライヴの舞台裏はファンでなくても必見です。

現在、プレス・リリースの日本語訳の全文がアイアン・メイデン日本公式サイトに掲載されているのでこちらもご覧ください。http://www.emimusic.jp/intl/ironmaiden/news/


■『ファイナル・フロンティア・ライヴ(原題:EN VIVO!)』
ブルーレイ、2枚組DVD、2枚組CD
2012年3月28日(輸入盤:3月26日)発売予定
収録曲
DVD DISC ONE “LIVE AT ESTADIO NACIONAL, SANTIAGO” (約120分)
1. サテライト15  Satellite 15
2. ザ・ファイナル・フロンティア  The Final Frontier
3. エル・ドラド   El Dorado
4. 悪夢の最終兵器(絶滅2分前) 2 Minutes To Midnight
5. ザ・タリスマン  The Talisman
6. カミング・ホーム Coming Home
7. 死の舞踏     Dance Of Death
8. 明日なき戦い   The Trooper
9. ザ・ウィッカー・マン The Wicker Man
10. ブラッド・ブラザーズ Blood Brothers
11. ホエン・ザ・ワイルド・ウィンド・ブロウズ When The Wild Wind Blows 12. ジ・イーヴル・ザット・メン・ドゥ  The Evil That Men Do 13. フィア・オブ・ザ・ダーク  Fear Of The Dark
14. 鋼鉄の処女   Iron Maiden
15. 魔力の刻印   The Number Of The Beast
16. 審判の日    Hallowed Be Thy Name
17. ランニング・フリー   Running Free

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング