【リーガロイヤルホテル京都】プルミエ×リーガロイヤルホテル京都 新作オリジナルドレス発表

PR TIMES / 2018年10月19日 15時40分

プルミエ ドレスプロデューサー 宮里 由理子氏がデザインを担当。2018年10月21日(日)のグランドブライダルフェアにてお披露目

リーガロイヤルホテル京都(京都市下京区東堀川通り塩小路、総支配人・荻田 勝紀)は、2018年11月1日(木)から、プルミエ(株式会社 扇屋 代表取締役社長・宮里武司氏)のドレスプロデューサー宮里 由理子氏がデザインした、当ホテル限定のオリジナルドレス2着のレンタルを開始します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/16682/453/resize/d16682-453-928603-1.jpg ]

素材選びや体系を綺麗にみせるシルエットにこだわり「女性が一番輝く日のためのドレス」を制作する、「プルミエ」のドレスプロデューサー 宮里 由理子氏が、2018年9月にリニューアルしたチャペルと宴会場「春秋」にあわせて、当ホテル限定オリジナルドレスのデザインを手掛けました。

新作ドレスはウエディングドレスとカラードレスの2着をご用意。
ウエディングドレスは、繊細で女性らしい、優しさを感じるデザインを意識して制作しました。スカートには可憐に花が舞うイメージを表現するためにセレクトされた、素材や色違いのレース5種使用し、ふんわりと重ね合わせることで繊細で柔らかさを感じるデザインにしました。取り外し可能な袖はフレンチスリーブ※1と長袖の2パターンからセレクトができるデザインに。フレンチスリーブはフェミニンに、長袖は清楚な雰囲気を醸し出し、お好みで自由にスタイルをセレクトできます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/16682/453/resize/d16682-453-152356-0.jpg ]


カラードレスは、深みのある紺色にゴールドとシルバーグリッター※2を配置した、上品かつ煌びやかな一着。大きな花柄を上から流れるようにデザインし、ウエストにグリッターを集中させ、ビジューを付けることでウエストラインをすっきりと見せ、新婦様がより一層美しく見えるように工夫しました。ゴールドとシルバーの粒の大小をミックスすることで、照明にも美しく煌めくデザインに。アクセサリーも今回のドレスのために特別制作。他にはないこだわりの詰まったドレスです。
新作ドレスは、2018年10月21日(日)に開催するグランドブライダルフェアにてお披露目会を実施します。
詳細については次頁の通りです。
※1:フレンチスリーブ:肩が隠れる程度の袖のこと
※2:グリッター:光沢を加えるラメ状の素材のこと

【プルミエ×リーガロイヤルホテル京都・新作オリジナルドレス発表】
【レンタル開始】2018年11月1日(木)~
【価格】ウエディングドレス 1日利用/40万円(定価)
    カラードレス 1日利用/37万円(定価)
    ※上記価格は、税金を含みません。
【取扱店舗】プルミエ(リーガロイヤルホテル京都5階)
【備  考】当ホテルで挙式・披露宴を実施する方限定
[画像3: https://prtimes.jp/i/16682/453/resize/d16682-453-416929-5.jpg ]


宮里由理子(みやざと ゆりこ)
『プルミエ』のプロデューサー。ドレス等のデザインやブランドのバイイングを担当する。
ウエディングドレス自社ブランド「アットリーチェ」「プルミエ エクセラン」をはじめとする5ブランドを確立。実際の花嫁の意見を取り入れ、素材選びや体型を綺麗にみせるシルエットにこだわり「女性が一番輝く日のためのドレス」を制作。オリジナルブランドを確立させた現在は、各ブランドのコレクション発表に向け、イメージを現実にする為、更なる努力を続ける。ドレス以外にジュエリー、和装、タキシードの制作も担当。自社ブランドのブライダルジュエリー「Parure」を確立。オリジナル和装を京都西陣の和装織物メーカーとタイアップし、糸の染色や図案を研究し、実際の披露宴会場でより華やぐ打掛や本振袖の制作を手掛ける。

■■■お客様お問い合わせ先■■■
リーガロイヤルホテル京都 
075-361-3335(ブライダルサロン)
■■■■■■■■■■■■■■■■

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング