防虫剤市場-昆虫の種類別(蚊、虫、ハエの忌避剤など)および製品の種類別(気化器、スプレー、クリームなど):世界的な機会分析と業界予測、2020-2025年

PR TIMES / 2020年10月20日 20時15分

Kenneth Researchは調査レポート「防虫剤市場:世界的な需要の分析及び機会展望2025年」2020年10月 19日 に発刊しました 。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/insect-repellent-market/10334154




[画像: https://prtimes.jp/i/59861/456/resize/d59861-456-696444-0.jpg ]


調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

防虫剤は、皮膚や衣類などの表面に付着する化学物質で、虫がその表面に着地したり登ったりするのを防ぎます。防虫剤は、マラリア、ジカ熱、ライム病、デング熱、腺ペスト、河川失明症、ウエストナイル熱などの昆虫媒介性疾患の発生を予防および制御するのに役立ちます。最近、消費者の健康志向が非常に高まっていることから、防虫剤市場の需要は大幅に伸びています。

商業施設や家庭からの廃棄物の増加による昆虫媒介性疾患に関する消費者の意識の高まりは、予測期間中に防虫剤の市場シェアの成長を推進すると予想されます。さらに、蚊の数の増加による昆虫媒介性疾患の増加は、防虫剤市場の成長にプラスの影響を与えています。北米、アジア太平洋、ヨーロッパなどの地域では、デング熱、マラリア、チクングニア熱の症例が多数見られます。調査によると、2017年の症例数は2016年から全国で200万人に増加しています。地球温暖化の進展は、昆虫の増加による昆虫媒介性疾患の増加にもつながっています。

周囲の昆虫の影響を制御する政府のイニシアチブも、予測期間中の成長に影響を与える可能性があります。政府は、害虫を経済的水準に保つことを目的とした総合的病害虫管理を考案しました。世界的な廃棄物の増加は、昆虫媒介性疾患の数の増加につながるため、防虫剤市場の成長にも影響を与えています。WHOによると、世界の廃棄物は2050年までに70.0%増加すると予測されています。

特に農村部での防虫剤の利点に関する意識の高まりは、防虫剤市場を牽引すると予想されます。さらに、植物ベースの成分を含む市販の忌避剤製品の開発は、合成忌避剤と比較して「安全」であると一般に認識されているため、消費者の間で人気が高まっています。

防虫剤市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどにに地域によって分割されています。

アジア太平洋地域からの防虫剤の需要の増加

さまざまな主要な市場関係者、NGO、地方自治体が、さまざまな水や空中の病気に対する都市部や農村部に住む人々の意識レベルの向上に参加しています。この意識の高まりの影響は、浸透レベルの増加により、地域全体で防虫剤の需要を促進すると予想されます。この地域の消費者は、化学成分を含まない製品を選択しているため、天然および防虫剤の需要が高まっています。これらの防虫剤は、主にシトロネラ油、タイム油、ニーム油、レモンユーカリ油などの天然成分でできており、毒性レベルが最小限で、皮膚に塗布しても副作用がありません。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10334154

防虫剤市場は、昆虫の種類別(蚊、虫、ハエの忌避剤など)および製品の種類別(気化器、スプレー、クリームなど)などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。
レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「防虫剤市場」というタイトルのレポートは、防虫剤市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

主要企業
さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の防虫剤市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。防虫剤市場における業界のリーダーはS.C. Johnson、Spectrum Brands、3M、Avon Products Inc.、DuPont(Entomol)、BASF、Omega Pharma、Reckitt Benckiser Group、Sawyer Products、Tender、Insect Shield、ExOfficio LLC、Cloeman、All Terrain、HOMS、Jahwa、Longrich Bioscienceなどです。

このレポートでは、ポーターの5つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング