デジタル・マルチメディア・ホームを実現する米国のケーブルTV向けの完全なプラットフォームを発表

PR TIMES / 2014年1月15日 10時14分

ネットワーク・アクセスからビデオ処理、住宅内コネクティビティまで完全対応

多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーの
STマイクロエレクトロニクス(NYSE: STM、以下ST)は、デジタル・マルチ
メディア・ホーム向けに業界で最も充実したハードウェア / ソフトウェア・
プラットフォームを発表しました。この完全なプラットフォームは、高速
インターネット接続から、UltraHDマルチスクリーン・ビデオ処理、有線・無線
ネットワーク経由のシームレスな住宅内コネクティビティまで、米国のケーブル
市場で必要とされる全ての機能を提供します。

STのエグゼクティブ・バイスプレジデント 兼 デジタル・コンバージェンス・
グループ ジェネラル・マネージャであるGian Luca Bertinoは、次の様に
コメントしています。「米国において、ケーブルTV放送事業者は、高帯域幅に
対する消費者の要求に対応するため、テレビからスマートフォンやタブレット
まで、さまざまなディスプレイにハイエンドの双方向コンテンツを配信できる
高速ネットワークを導入してきました。このコンテンツを正しく処理・管理・
配信するため、ホーム・ゲートウェイおよびクライアント・ボックス対応SoCは、
広範囲にわたる有線および無線インタフェース、低消費電力モード、そしてプレ
ミアム・コンテンツの保護を統合する必要があります。デジタル・マルチメディア・
ホーム向けの幅広いSTの製品ポートフォリオにより、全機能が1チップに統合される
ため、ケーブルTV放送事業者は、最高のユーザ体験とサービスを最適なコストで
提供できるようになります。」

STのDOCSIS(R) 3.0認証取得済み(1)のケーブル・モデムIC(STiD12ファミリ、
コード名: Alicante)は、マルチメディア・ホーム・エンターテインメントおよ
び双方向ブロードバンド・サービスのための高速ネットワーク接続を提供します。
非常に高速なデータ転送レート(最大800Mbit/s)により、セット・トップ・
ボックス(STB)やホーム・ゲートウェイは、ビデオとインターネットのデータ・
サービスを単一ネットワーク経由での提供が可能になると共に、複数のネット
ワーク機器の同時利用に対応できるようになります。DOCSIS 3.0認証取得済みIC
および関連ソフトウェア・スタックは、オンデマンドおよびストリーミング・
コンテンツへのアクセスを加速させ、より多くの機器のインターネット接続を
可能にする次世代インターネット・プロトコル(IPv6)をサポートします。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング