1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

Disney+(ディズニープラス)、アジア太平洋地域の意欲的なコンテンツラインナップを発表

PR TIMES / 2021年10月14日 20時15分

[表: https://prtimes.jp/data/corp/2021/table/460_1_fd1bca5ef237e83050cf807b14bd2420.jpg ]


2021年10月14日――ウォルト・ディズニー・カンパニーは本日、アジア太平洋地域(APAC)において、メディアおよびパートナー向けイベントにて、ディズニープラスで配信されるグローバル、リージョナル、そしてローカル言語によるコンテンツの広範なラインナップを発表し、APACにて制作される18のオリジナル作品を含む20作以上の新しいコンテンツを初披露しました。ディズニー、マーベル、スター・ウォーズ、ピクサー、ナショナル ジオグラフィック、スターによる膨大なラインナップに加えて、APACで受賞歴があり新進気鋭のコンテンツ・クリエイターによる幅広いオリジナルの物語を消費者にお届けいたします。

ディズニープラスは、現在、オーストラリア、ニュージーランド、日本、シンガポール、インド、マレーシア、インドネシア、タイで提供しているほか、2021年11月からは韓国、香港、台湾でも提供開始されます。

この新しいプロジェクトには、業界を牽引するコンテンツ・クリエイターによるオリジナル作品が含まれる他、多くの人気スターが出演するドラマ、コメディ、ファンタジー、ロマンス、SF、クライムサスペンス、ホラーといった実写シリーズから、日本、韓国、インドネシア、グレーター・チャイナ、オーストラリアを含む複数のマーケットのバラエティー番組、ドキュメンタリーやアニメまでもが揃います。各地域の状況に応じて、今後これらのAPACの新作を配信予定です。またこのプロジェクトの一環として、2023年までに50作を超えるAPACオリジナル作品に取り組む予定です。

ウォルト・ディズニー・カンパニー・アジア・パシフィックのプレジデントであるLuke Kang(ルーク・カン)は次のように述べています。「ウォルト・ディズニー・カンパニーは、これまで何十年にもわたり、消費者にエンターテイメントをお届けし、この地域のクリエイティブ・エコシステムにとって不可欠な役割を果たしてきました。今日、私たちは、ディズニーのグローバルなリソースと、APACの最高峰のコンテンツ・クリエイターたちを組み合わせ、ディズニープラス向けオリジナル・ストーリーの企画制作に、新たに着手することを決意いたしました。OTTサービスが主流となり、APACから世界最高峰のコンテンツが登場し、消費者の評価もより厳しくなる中、この地域で最高峰のコンテンツ・クリエイターたちと深く協力し、世界中の観客に向けて他に類を見ない物語を提供する絶好のタイミングであると、私たちは確信しています。」

またディズニーは、新しいブランド、スターの紹介も行いました。スターを提供する地域では、ローカルの作品によりラインナップが強化される他、ディズニー・テレビジョン・スタジオ、FX、20世紀スタジオ、20thテレビジョン、タッチストーンなどのディズニーが誇る制作スタジオから数多くの映画やシリーズをお届けしていきます。日本では、10月27日よりディズニープラスにスターが追加され、コンテンツラインアップが大幅に拡充されます。

今後数年間に渡り、ディズニーは、ディズニープラスがお届けする重要な作品ラインナップを次々と配信開始します。この中には、世界的に人気のあるフランチャイズ作品、スターが配信するゼネラル・エンターテイメント・コンテンツ、そしてAPACからはローカルの言語で制作されたオリジナル作品などさまざまなコンテンツが含まれます。

APACによる新作コンテンツのラインナップを披露したディズニーのAPACコンテンツ&デベロップメント責任者の Jessica Kam-Engle(ジェシカ・カム-エングル)は、次のように述べています。「私たちのコンテンツ戦略の中心にあるのは、この地域で最高峰のストーリーテラーたちと共に仕事をすること、そして、私たちのブランドが持つ力とスケール、卓越したクリエイティビティへの熱い想いを活用することです。APACの受賞歴があり新進気鋭のクリエイティブな才能ある方々と協力して取り組んでいくこと、そして、この地域独自の文化や社会のダイナミズムを反映する本物のストーリーを世界中の観客に向けて共有することを、私たちは心から楽しみにしています。」

APACの主な新作コンテンツは以下の通りです:

TBSとの特別な取り組みによって実現した『TOKYO MER~走る緊急救命室~』。受賞歴がある俳優の鈴木亮平と賀来賢人が出演する医療ドラマ。
音楽、フィギュア、ゲーム、アニメなど幅広く展開され世界的に人気のキャラクターである「BLACK★ROCK SHOOTER」の日本のリブートアニメ『ブラック★★ロックシューターDAWN FALL』をディズニープラスで見放題独占配信。
日本のウェブ漫画アプリ「少年ジャンプ+」で累計1.3億PV以上を誇る日本を代表する漫画作品の1つ『サマータイムレンダ』を原作とするアニメをディズニープラスで見放題独占配信。
「四畳半神話大系」の続編であり、数々の賞を受賞した森見登美彦の最新作×海外受賞歴多数の制作スタジオScience SARUによる日本の新作アニメーションシリーズ『四畳半タイムマシンブルース』をディズニープラスで見放題独占配信。
ディズニープラスと劇場でしか見られない『ブラックピンク:ザ・ムービー』。チャートでトップに輝く韓国のポップ・グループの結成5周年を記念して、彼らに追ったドキュメンタリー作品。
アクション・ヒーロー・サスペンス『ムービング(原題)』。自分たちに普通ではない能力があることを知る3人のティーンエイジャーを描いたカンフル氏によるウェブマンガが原作の究極の大ヒット作品。
韓国のトップ俳優チョン・ヘインとブラックピンクのジスが出演するロマンティック・メロドラマ・シリーズ『スノードロップ(原題)』。2019年にメガヒットを記録した韓国ドラマ『SKYキャッスル~上流階級の妻たち~』のクリエイターたちが生み出す若いカップルのハートウォーミングなストーリーで、今年最も期待されるドラマのひとつ。
韓国のエリート・ポリス・アカデミーを舞台にした青春ロマンティック・シリーズの『ルーキーズ(原題)』。K-POPアイドルのカン・ダニエルがドラマ・デビューを飾ります。
同名タイトルのヒット映画を原作にした『スサー・シンヤル (バッド・シグナル)(原題)』。西ジャワの高級リゾートホテルを運営するホテルの従業員たちを描いたコメディ・ドラマ・シリーズ。
受賞歴のある映画監督ジョコ・アンワルのクリエイティブなビジョンの元で、スクリーンプレイ・ブミランジット社が制作する『ブミランギット(原題)』の第1弾シリーズが近々開始。
才能豊かなチェン・ボーリンが出演する『スモール&マイティ(原題)』。彼にとって「イタズラな恋愛白書」以来となる台湾ドラマへの復帰作品であり、自分探しを描いたコメディ・ドラマ。
歴史ドラマの『デリカシーズ・デステニー(原題)』。ベテラン・プロデューサーのユー・ジョンによる「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」の成功に続く最新企画で、食を題材にしたラブコメ作品。
ディズニープラス初のオーストラリアのドキュメンタリー作品『シップレック・ハンターズ(原題)』。西オーストラリアの膨大な沿岸における難破船のミステリーに迫ります。


東京ではイベントを開催
東京で実施されたイベントでは、数多くのコンテンツが発表され、クリエイター、出演者がイベントに登場しました。最初に、ディズニープラスのスターで配信されるFXシリーズ最新作『ショーグン(原題)』より、主演・真田広之さんから撮影が始まったばかりのカナダ・バンクーバーよりスペシャルメッセージが到着しました。

その他にも、新たに2作のドラマが初披露されました。まずは、人気コミック『ガンニバル』のドラマ化プロジェクトが発表され、主演の柳楽優弥さんのスペシャルメッセージが披露された他、世界的巨匠ポン・ジュノ監督がその才能を認めた片山慎三監督と、先日カンヌ映画祭で脚本賞を受賞した大江崇允さんが登壇し、プロジェクトへの意気込みを語りました。イベントの最後には、人気エッセイのドラマ化が決定した『拾われた男』から、原作者の松尾諭さん、主演の仲野太賀さん、草彅剛さん、伊藤沙莉さんがサプライズで登壇し、作品への想いを熱く語りました。

また、株式会社アニプレックスによるディズニーの人気スマートフォンゲーム「ディズニー ツイステッドワンダーランド」のアニメ化計画も発表されました。

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 代表取締役社長Carol Choi(キャロル・チョイ)は次のように述べています。「私たちは、日本において大きな創造的野心を抱いています。 私たちの願いは、グローバル、リージョナル、ローカル言語のコンテンツを適切に組み合わせて、日本のお客様に楽しんでいただくことです。これまでの国内におけるディズニープラスの成功と、今後のスターの開始により、私たちは日本のコンテンツ・クリエイターと築いた強固な関係を活かし、最高のオリジナル・ストーリーをお届けしていきます。また同時に、日本のクリエイティブの素晴らしさを世界に発信し、消費者の皆様との深いつながりを育んでいきたいと思っています。」

APAC クリエイティブ・エクスペリエンス・プログラム
ディズニーは、本日、ウォルト・ディズニー・カンパニーの「APAC クリエイティブ・エクスペリエンス・プログラム」の開始を発表しました。「APAC クリエイティブ・エクスペリエンス・プログラム」は、APACの多くのトップ・クリエイターたちと、ディズニーのワールドクラスのフィルムメイカーやクリエイターたちを繋げるという、これまでにない初のオーダーメイドの取り組みです。創作のためのマスタークラスやライブでのパネルディスカッションをはじめとする様々な繋がりを深める活動を通して、ディズニーはAPACのトップのクリエイターたちを、ディズニーの主要なスタジオのトップ・エグゼクティブやクリエイターたちと引き合わせます。

カンは次のように述べています。「このプログラムがクリエイティブ・コミュニティにとってインスピレーションとなり、すでに世界的なコンテンツやメディアのパワーハウスとして頭角を現し始めているAPACの制作活動にさらなる勢いをもたらすことを願っています。私たちが出会った様々なAPACのクリエイティブな才能のある方々やコンテンツは世界最高峰であり、今後もさらなる飛躍を遂げるでしょう。私たちと観客の皆さんとの特別な繋がりの基盤となっているのは、ディズニーの他に類を見ないストーリーテリングです。世界最高峰のストーリーテラーたちによる創作プロセスに対するインサイトを、この地域トップの才能ある人々に提供できることを心から楽しみにしています。」

ディズニープラスについて
Disney+ (ディズニープラス)は、ディズニーがグローバルで展開する動画配信サービスです。ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの名作・話題作、そして『ザ・シンプソンズ』などの人気作がお楽しみいただけます。また、一部のインターナショナルマーケットでは、新しいゼネラル・エンターテイメント・コンテンツ・ブランド、スターも含まれます。ディズニープラスは、ウォルト・ディズニー・カンパニーがお届けする動画配信サービスの旗艦サービスであり、ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション セグメントの一部です。ここだけでしか見られないオリジナル作品、映画、ドキュメンタリー、映画、アニメーション、短編など幅広いジャンルのコンテンツに加えて、ディズニーの長い歴史の中で誕生した、かつてない規模の名作やテレビコンテンツ、ウォルト・ディズニー・スタジオの最新映画もお楽しみいただけます。また、スターでは、20世紀スタジオ、ディズニー・テレビジョン・スタジオ、FXプロダクションズ、サーチライト・ピクチャーズなどの名作に加え、日本のコンテンツも登場します。詳細は公式サイト( https://disneyplus.disney.co.jp/)をご覧ください。

ウォルト・ディズニー・カンパニーについて
ウォルト·ディズニー·カンパニーは、その子会社および関連会社とともに、パーク、エクスペリエンス&プロダクツ、メディア&エンターテイメント·ディストリビューションなどを含む、多角的で国際的なファミリー·エンターテイメントおよびメディアのリーディングカンパニーです。また、ダイレクト·トゥー·コンシューマ、劇場、リニアのプラットフォームに向けたコンテンツの開発·制作に注力し、スタジオ、ゼネラル·エンターテインメント、スポーツの3つのコンテンツグループを擁しています。ディズニーはダウ30社で、2020年度のレベニューは654億ドルでした。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング