【ホテル日航プリンセス京都】京の冬の風物詩、嶋原太夫による節分会 「おばけ」で鬼を化かして福をよぶ!

PR TIMES / 2013年1月23日 16時49分

節分の行事「おばけ」がホテルに立ち寄ります

ホテル日航プリンセス京都(京都市下京区烏丸高辻東入ル、代表取締役社長:篠信治)で、本年2月3日(日)、京都市の旧花街、嶋原の太夫達による節分の行事、「おばけ」が行われます。



「おばけ」とは、陰暦で正月節にあたる立春の大晦日、いわゆる「節分」に仮装をして寺社にお参りし、一年の厄を落とす行事で、古くは平安時代まで遡るとされています。
大晦日の夜、歳神が新しい年の恵方に異動する隙間をぬって現れる鬼が、自分に憑かないように、自分とは違うものに化けて、鬼(厄・疫)を化かすという「おばけ」は、古くから京都でも盛んに行われていましたが、戦後、次第にその風習も廃れてしまい、現在では花街で芸舞妓が行なう行事として知られています。
この「おばけ」を再び街中の風習として呼び戻そうと、司太夫(つかさたゆう)が1999年に始め、以来司太夫が主宰する嶋原愛好家グループとともに毎年実施しており、本年で第14回となります。

当日は、ホテルロビーで、本年話題のドラマのヒロイン「新島八重」に化けた司太夫と振袖太夫がロビーで、お集まりいただいた方々に「福豆くばり」を行います。(数に限りがございます。)


●「節分会 おばけ」実施要項
日 時:2013年2月3日(日) 12:20~12:45
場 所:ホテル日航プリンセス京都 ロビー

出 演:司太夫 及び 振袖太夫
料 金:無料
※ロビーでの立ち見となります。
※嶋原太夫一行は、当日11時頃八坂神社を出発、神泉苑を経て、ホテル日航プリンセスへ立ち寄ります。

■お客様からのお問い合せ
ホテル日航プリンセス京都 TEL:075(342)2111(代表)
◆「おばけ」の立ち寄り先や時間につきましては、下記までお問い合せください。
 司事務所 TEL/FAX 075(541)8898

【ホテル日航プリンセス京都について】
京都の中心・四条烏丸に近接し、ビジネスや観光に便利な立地。
客室数216、4つのレストランとバー、宴会場などを併設。
地下鉄四条駅より徒歩5分またはJR京都駅より車で5分とアクセスもよく錦市場や先斗町、祇園も徒歩圏内。

所在地:〒600-8096 京都市下京区烏丸高辻東入
TEL:075-342-2111
FAX:075-342-2410
URL http://www.princess-kyoto.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング