コンスーマ・健康・産業機器向けの新しい超低消費電力STM32マイコンを発表

PR TIMES / 2014年2月14日 10時12分

低いシステム・コストと消費者の利便性向上を実現



多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーの
STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、さまざまなコンスーマ
/ ヘルスケア / 産業機器のバッテリ駆動時間を大幅に延長させる新しい32bit
マイクロコントローラ(マイコン)を発表しました。新しいSTM32L0超低消費
電力シリーズは、ARM(R) Cortex(TM) M0+プロセッサ・コア(32MHz)、省電力の
新たな基準を確立する12bit ADコンバータ、および、外付け水晶振動子不要の
USB FS 2.0ソリューションを特徴としています。

このADコンバータは、変換速度100ksps時の消費電流がわずか40μAで、変換速度
1.14Msps時にも200μAまでしか上昇しません。プロセッサ・コアと超低消費電力
ペリフェラルの両方が、非常に高い電力効率を実現しているため、使い捨て
バッテリで駆動するフィットネス機器や住宅用火災検知器等の機器でバッテリ交換の
頻度が下がり、消費者のコストおよび使用済みバッテリによる環境負荷を低減
することができます。例えば、使い捨てコイン型バッテリから給電される
STM32L0搭載のフィットネス機器は、バッテリ交換が必要になるまで最大2年間
動作します。

もう1つの大きなメリットは、メーカーがさらに小型のバッテリを使用した機器
設計が可能になるため、血糖値計および急速に進歩しつつある携帯型ヘルスケア・
フィットネス機器などにおいて、サイズおよびコストの低減を実現できること
です。さらに、ST独自のCMOS技術を採用しているSTM32L0は、EEPROMを内蔵
している他、動作温度範囲内(25~125℃)の 消費電力変動を業界最小レベル
に抑えることで、温度上昇時の消費電力レベルの低下を実現します。そのため
同製品は、特に産業分野において、バッテリ駆動もしくは環境発電(エナジー・
ハーベスティング)するセンサ・アプリケーションに最適です。

STのマイクロコントローラ事業部ジェネラル・マネージャであるMichel Buffaは、
次の様にコメントしています。「STM32L0シリーズは、STの継続的な技術探求の
最新の成果で、あらゆる電子機器の消費電力を最小化します。新たな基準を提供
する同製品は、メーカーによる競争力の高い製品設計を可能にし、消費者に
コストや利便性のメリットを提供するだけでなく、使い捨てバッテリの消費量を
世界的に低減させることができます。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング