由紀さおり「夜明けのスキャット」ギリシャremix世界50ヵ国以上で配信決定!中川五郎氏ナレーションによる「みんなの音楽1969」ニュースも公開!

PR TIMES / 2012年2月3日 14時7分



2011年10月に発売された由紀さおりとピンク・マルティーニとのコラボによるアルバム『1969』。
1曲以外は全て日本語で歌われたこのアルバムは、現在までに世界50カ国以上でCDやデジタルで発売・配信され、世界各国で大きな反響を呼んでいます。

なかでもギリシャでは、発売直後からCDチャート上位にランクイン、「IFPIアルバムチャート」最高位6位を獲得(2011/43週)しました。発売元であるEMI Music Greece (以下EMIギリシャ)では、マーケティング担当者自身が由紀さおりの声の美しさに興味を持ち、とりわけ収録楽曲の「夜明けのスキャット」のメロディに魅かれ、日本に同曲のリミックスの制作を打診してきました。この、予想もしていなかった反応と、なぜ、ギリシャで?という日本側の困惑をよそに、EMIギリシャの担当者がギリシャ・テッサロニキ出身のエレクトロ・ポップ・デュオMarsheaux(マルソー)に「夜明けのスキャット」を聴かせたところ、彼女たちもこの楽曲の魅力にはまり、今回のリミックスが誕生しました。

当初、EMIギリシャが国内のラジオ局でオンエアしてもらうためのプロモーション目的で制作されたこの「夜明けのスキャット(Marsheaux remix)」ですが、この楽曲の新たな魅力を紹介すべく、世界50ヶ国以上での配信が決定しました。ギリシャでは2月20日から、日本でも2月22日より、主要配信サイトでの配信がスタートします。

ギリシャの関係者は、この楽曲の魅力や、リミックス制作に至った経緯を次のように語っています。

【EMIギリシャのマーケティング担当:Angela Kollia】
「ピンク・マルティーニとの『1969』を通じて由紀さんの歌に初めて触れました。その後、彼女自身の作品集を聴かせてもらう中で、彼女の声や楽曲のアレンジに、新しさと熟成の両方を感じ、由紀さんの音楽は、若者も含めたギリシャのオーディエンスに広く伝わると確信しました。その上で、何か新しい要素を加えたいと考え、独特な味のあるMarsheauxというエレクトロ・デュオにリミックスの制作を依頼したのです。彼女たちなら、楽曲へのリスペクトを保ちながら、スタイリッシュで新鮮なアイディアを注いでくれると思ったからです。やはりいい音楽が全てです」

【リミックスを手がけたMarsheaux(マルソー)】
「EMIからこの曲を初めて聴かせてもらった時、スタヴロス・サルカコス(Stavros Xarchakos)の音楽、映画『汚れなき旅情』、女優エレーナ・ナサナエル、60年代のモノクロ映画の数々などの記憶が私たちの中に蘇りました。そこでこれらのイメージを大切にしながら、普段の私たちのシンセ・ポップとは一味違うリミックスを作ってみました。初めて知る歌手の作品を手掛けるのは未知の体験でしたが、とても楽しめました。自分たちが持つイメージや経験を活かす自由度が高いですし、私たちの思い出や美意識を投影することもできました。このリミックスには、そんな私たちの思いが表れていると思いますし、これを受け容れて下さった由紀さんに感謝します」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング