音楽専門誌4誌がプロデュースするワークショップ・イベント 11月22日に開催決定! 【9月26日(金)正午より観覧応募受付開始】

PR TIMES / 2014年9月25日 12時32分



インプレスグループで音楽関連の出版事業を手掛ける株式会社リットーミュージック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:古森優)は、音楽専門誌『キーボード・マガジン』、『ギター・マガジン』、『ベース・マガジン』、『リズム&ドラム・マガジン』プロデュースによるイベント“プロフェッショナル・ワークショップ Powered by RittorMusic”を、11月22日に東京ビッグサイトにて開催します。

“プロフェッショナル・ワークショップ Powered by RittorMusic”は、11月21日から23日までの3日間、東京ビッグサイトにて開催される日本最大の楽器総合イベント「楽器フェア2014」会場内で、22日の1日のみ行われるワークショップ・イベントです。リットーミュージックが定期刊行する音楽専門誌『キーボード・マガジン』、『ギター・マガジン』、『ベース・マガジン』、『リズム&ドラム・マガジン』が、プロ・ミュージシャンを迎えてセミナーやミニライヴを開催します。

『キーボード・マガジン』のワークショップには、本誌の連載などでもお馴染みのキーボーディスト浅倉大介が登場し、豊富な知識と経験をもとに、シンセサイザーの面白さを解説していきます。各シンセ・メーカーの開発者/企画者を迎え、シンセサイザー・トークを繰り広げるほか、ライヴ・パフォーマンスも披露。シンセサイザーをあまり知らないという人から、音楽活動に全面的に取り入れている人、もちろん本誌読者も楽しめる内容です。『ギター・マガジン』のワークショップには、L’Arc~en~Cielのギタリストとして活躍するkenが登場し、ライヴで使用するサウンド・システムを会場内に完全再現します。システムを構築したFREE THE TONEの林代表をゲストに招き、オリジナル・ルーティング・システムの誕生秘話などを交えながら、そのシステムの全貌を解明。多くの人々を魅了する“トーン”など、こだわりのサウンド・メイク術の秘密に迫ります。『ベース・マガジン』と『リズム&ドラム・マガジン』が合同で行なうワークショップでは、椎名林檎、Do As Infinity、いきものがかり、JUJUなど数多のアーティストを彩ってきた日本が誇る名リズム・コンビ=亀田誠治×河村“カースケ”智康が、2人では初となるクリニックを開催します。トークと実演を交えながら、名曲のグルーヴがどのように生まれたのかを探る他、ゲストを迎えてのスペシャル・ライヴも予定。ベーシスト&ドラマーはもちろん、全音楽ファン必見の内容です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング