ジャルパック・跡見学園女子大学共同リリース コロナ時代の新たな観光 産学連携による新発想の観光教育「withコロナ」時代における新たな観光教育の実践

PR TIMES / 2020年6月24日 13時40分

「旅行産業論」でジャルパック海外拠点と学生をリアルタイムで繋ぎ コロナ時代における「各国の観光事情」を遠隔授業で学ぶ

 株式会社ジャルパック(本社:東京都品川区、代表取締役社長:江利川 宗光)は、跡見学園女子大学(東京都文京区、学長:笠原清志)観光コミュニティ学部観光デザイン学科と連携し、旅行産業も大学教育も逆風の今だからこそ相互の知恵を絞り、「withコロナ」時代を生き残るため、新たな観光教育を実践いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/3269/475/resize/d3269-475-344275-2.png ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/3269/475/resize/d3269-475-788470-3.png ]



 2020年2月跡見学園女子大学とジャルパックは、人的・知的資源の交流を促進し、双方の更なる発展はもちろんのこと、広く観光産業や大学教育の未来のために協力体制を整えるべく、包括連携協定を締結いたしました。今回包括連携協定事業の一環として跡見学園女子大学にて特別授業を実施いたします。
 講義は全部で4回。内3回は代表取締役社長を含め毎回異なる当社社員が遠隔授業の講師としてオンラインで登壇します。また、同時にジャルパック海外拠点とリアルタイムで繋ぐ機会を設け、各国のコロナ対策と観光事情について、リアルでライブ感覚に溢れる授業を実践いたします。
 引き続きジャルパックは跡見学園女子大学と連携し、「withコロナ」時代を生き残るため、そして激変する観光産業において更なる発展を遂げるため、新たな取り組みに挑戦してまいります。

「旅行産業論」特別授業概要

1.授業名と受講者数
2020年度「旅行産業論」(登録受講者数約80名)+就職部キャリアデザインセミナー聴講生 20名
*本授業は跡見学園女子大学就職部との共同で開催し幅広く全学生に告知し「旅行産業論」履修者以外でも受講希望する学生にも受講の門戸を広げます。

2.具体的な実施スケジュール(全4回)各日:13:00~14:30
第1回目:6月18日(木)=テーマ:「旅行産業全体の事業体系と旅行商品開発」(実施済)
第2回目:6月25日(木)=テーマ:「女性のキャリアデザインと労働集約型の旅行産業」(取材おすすめ日)
第3回目:7月2日(木)=テーマ:「旅行業界の勢力図の理解と業界を取り巻く環境」
第4回目:7月9日(木)=テーマ:メインとなる最終講義日(取材おすすめ日)
 第1部:「コロナ対策に苦しむ各国の観光事情」(ジャルパック海外拠点からのライブ中継)
 コロナ時代における各国の観光事情をライブで学びます!
 第2部:「ジャルパック代表取締役社長 江利川宗光 総括講義」
  <タイトル>
  ~学生達へ応援メッセージ~「第四の開国」の時代を切り拓く自律型人財を目指そう!

3.授業内容の詳細
資料(別紙):「旅行産業論」(跡見学園女子大学作成資料) 特別遠隔授業の概要をご参照ください。
https://prtimes.jp/a/?f=c-3269-2020062320-264b6f1255f7f325adc6228130f1ad98.docx

4. 企画に関するお問い合わせと、取材のお申込み方法
上記3の資料(別紙):「旅行産業論」 特別遠隔授業の6月25日以降の全遠隔授業にご参加いただけます。
下段、取材申し込み用紙に必要事項をご記入の上、下記の連絡先まで各授業日の前日17時までにお申し込みください。
[表: https://prtimes.jp/data/corp/3269/table/475_1.jpg ]



[画像3: https://prtimes.jp/i/3269/475/resize/d3269-475-396113-0.png ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/3269/475/resize/d3269-475-782534-1.png ]



国内旅行、海外旅行のジャルパックは、なによりも「お客さま視点」を大切に、"旅のプロ"としてお客さま・旅行会社のみなさまから常に指名される旅行会社を目指してまいります。また、JALグループの一員としてコンプライアンスを遵守し、社員一同団結して広く社会に貢献するべく努めてまいります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング