モバイル機器のイノベーションを加速させるクラス最高の小型圧力センサを発表

PR TIMES / 2014年3月4日 10時0分

MEMSの専門性を活用した小型センサが、スマートフォンの位置情報に基づくサービスや新たな高付加価値アプリへのサポートを強化



多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーの
STマイクロエレクトロニクス(NYSE: STM、以下ST)は、小型の大気圧センサ
LPS25Hを発表しました。同製品は、モバイル機器向けに最適化された革新的な
独自機能の提供により、大手スマートフォンメーカーでの市場シェアを獲得して
います。

調査会社であるIHS社は、より高性能な新型スマートフォンやタブレットへの
需要のため、LPS25H等のコンスーマ機器向け圧力センサの市場が2017年までに
3億7500万ドル規模に成長すると予測しています(1)。こうした圧力センサは、
屋内ナビゲーションの精度を高め、建物内における正確な階数検出や位置情報に
基づくサービスの強化を可能にします。また、気圧データは推測航法の計算を
支援し、天候予測や健康スポーツ・モニタといったスマートフォンの新たな
アプリを開拓します。

MEMS(Micro-Electro-Mechanical Systems)センサであるLPS25Hは、世界トップ
のMEMSサプライヤで、世界中で900件以上のMEMS関連特許を取得・出願している
STの実績をベースとしています。このセンサには、環境が変化してもアプリを
一貫して動作させることができる独自の温度補償機能が搭載されています。また、
オート・ゼロ機能は、閾値や割込みなどのその他の付加価値機能と共に、建物内
で迅速に高精度を実現します。STのLPS25Hは、モバイル機器の他、ウェアラブル
機器、産業機器およびスマートホーム・システムにも適しています。

STのハイエンド・センサおよびアナログ事業部 ジェネラル・マネージャである
Francesco Italiaは、LPS25Hを初めて受注したことについて、次の様にコメント
しています。「先進的な機能とクラス最高の品質を組み合わせたSTの新しい圧力
センサにより、顧客は革新的な新製品を自信を持って市場に提供できるようにな
ります。当社は、LPS25Hを搭載した新型スマートフォンが、消費者に大きな付加
価値をもたらす優れた機能を提供し、素晴らしい成功を収めることを期待してい
ます。」

この小型圧力センサの実装スペースは僅か2.5 x 2.5 x 1mmで、動作電流も4μA
と非常に低いため、バッテリの長寿命化に貢献します。また、超低ノイズ設計が、
±0.2mbar以内の精度を可能にします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング