1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

クラウドPBX「MOT/TEL」、株式会社ラクスのメールディーラー・楽テルと連携。コールセンター、ECサイト事業者様の電話業務DXを実現。

PR TIMES / 2021年12月27日 10時15分



 株式会社バルテック(本社:東京都新宿区、代表取締役 吉江秀馨。以下、バルテック)のクラウドPBX「MOT/TEL(モッテル)」は株式会社ラクスのクラウドメール管理サービス「Mail Dealer (メールディーラー)」、クラウド型CRM「楽テル」と連携いたしました。

 MOT/TELに付属するパソコン電話(ソフトフォン)への着信時にMailDealerや楽テルに登録された顧客情報を自動でブラウザに表示。MOT/TELとの連携により、着信した電話番号から即座に発信者の情報、過去のメール・電話対応履歴を参照することができるようになります。

 電話問合せの多いコールセンター、ECサイト事業者様の対応時間の短縮、顧客満足度の向上、DX(デジタルトランスフォーメーション)化を推進いたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/8585/479/resize/d8585-479-fdeb76189d52f28b899a-1.png ]

■MOT/TEL(モッテル)とは?
 DX、テレワークの推進により27,000社以上に導入されているクラウドPBX。専用アプリを使うことでスマートフォンを内線化、固定電話番号での発信や会社にかかってきた電話を複数名で同時に着信、他の社員に取次転送などができるクラウドPBXサービスです。専用のビジネスチャットやパソコンからの発着信が可能になるソフトフォンを標準で搭載、パーク保留など日本のビジネスフォンを踏襲したデザイン、CRMやクラウド勤怠管理連携といった豊富な機能を備えています。
 また、九州、中国、四国、中部、北陸、関東、東北の地域ごとにクラウド専用データセンターを設置しクラウド電話特有の問題であった音質、安定性を向上。地域ごとにサポートセンターを設けることで利用開始後も迅速、手厚いアフターフォローを行っています。

■「メールディーラー」および「楽テル」連携によるメリット

[画像2: https://prtimes.jp/i/8585/479/resize/d8585-479-06ece7c3bd62ab96d17e-0.jpg ]

 従来の電話システムでは、通話開始後に顧客名や会員番号などを聞き、顧客管理システムなどで検索する必要がありました。
 MOT/TELのソフトフォンをメールディーラー、楽テルと連携することにより、着信時に自動で相手先情報をブラウザ上にポップアップ表示。顧客情報を検索する手間がなくなり、電話対応業務を効率化することが可能になります。

■CTI連携方法
 CTI(Computer Telephony Integration)とは、コンピュータと電話(PBX)を統合するシステムを意味します。
 クラウドPBX「MOT/TEL」の場合、個別にシステムの開発や改修を行うことなく、簡単な設定でメールディーラー、楽テルのCTI連携が可能です。

詳しい設定方法は下記のサイトをご覧ください。

・MOT/TELソフトフォンとメールディーラーの連携方法
https://www.mot-net.com/maildealer_cti

・MOT/TELソフトフォンと楽テルの連携方法
https://www.mot-net.com/rakutel_cti

【株式会社バルテック概要】
事業内容:オフィス向けクラウドPBXや勤怠管理、経費精算などのオフィス向けクラウドシステムの開発および販売
社名: 株式会社バルテック
設立:1993年3月23日
本社:〒163-1103 東京都新宿区西新宿6-22-1 新宿スクエアタワー3階
会社概要: https://www.webjapan.co.jp/company/profile/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください