キャビネットファン大風量タイプが優秀製品表彰を受けました

PR TIMES / 2012年11月30日 14時11分



パナソニック エコシステムズのキャビネットファン大風量タイプに搭載の新技術「吸込口整流ウィング構造による送風機の高静圧・大風量化」が、(一般社団法人)日本産業機械工業会 送風機技術者連盟の表彰制度で「優秀製品表彰」を受けました。


---関連情報---
▼「産業機械」誌 風水力機械特集号(9月号)に技術論文を掲載しています
http://www.jsim.or.jp/kikansi/index_09.html

▼換気・送風・環境機器Webカタログ
http://kankyo-cat.panasonic.biz/

▼FY-28SCM3-H(消音形キャビネットファン 大風量タイプ 三相200V)
http://kankyo-cat.panasonic.biz/CGI/syohin.cgi?hinban=FY-28SCM3-H

▼FY-28SCZ3-H(消音形キャビネットファン 大風量タイプ 三相200V)
http://kankyo-cat.panasonic.biz/CGI/syohin.cgi?hinban=FY-28SCZ3-H

▼FY-28SCY3-H(消音形キャビネットファン 大風量タイプ 三相200V)
http://kankyo-cat.panasonic.biz/CGI/syohin.cgi?hinban=FY-28SCY3-H


この賞は、「連盟会員企業が製造する製品及び関連技術について、非常に優秀であると認められるものに対し表彰を行い、より一層の製品・技術開発を奨励する」もので、パナソニック エコシステムズとしては、昨年に続き2年連続の受賞となります。
今回、キャビネットファン大風量タイプ用に「吸込口整流ウィング構造”インレットウィング”」を新開発。天井吊り設置が可能なコンパクト・軽量構造を実現しながら、最大23,500㎥/h(60Hz)の大風量化、静圧向上、省エネルギー化などを実現した技術貢献が評価され、受賞に至りました。


今後も引き続き、送風機に求められるニーズや変化にあった製品を市場に提供し貢献していきます。


▼吸込口整流ウィング構造”インレットウィング”

インレットウィングとは、吸込口の吸音材で上下に分流した気流を内部ファンの吸込口に向かって整流することにより、高静圧・大風量化を実現した大風量専用風路構造です。これにより、約10%静圧向上、約15%静圧比消費電力低減を達成しています。
また、ファンにモータを直結して駆動する構成としながらも、最大風量23,500㎥/h(60Hz)の性能を発揮。従来のベルト駆動送風機に対し約30%軽量化と、ベルトのメンテナンス不要の省メンテナンス性を実現しています。


▼会社情報

http://panasonic.co.jp/es/peses/

パナソニック エコシステムズ株式会社
パナソニックグループの中でエコソリューションズ社に属し、空気清浄機や除湿機、換気送風機器など健康・快適な室内空気質を実現する「IAQ分野」と、水・空気・土の浄化とエネルギー関連で環境負荷を低減する「環境エンジニアリング分野」で、「人と地球に優しい環境」の実現を目指して事業を進めています。


▼お問合せ先
https://sec.panasonic.co.jp/es/peses/support/goiken.html

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング