『マネーフォワード クラウド給与』、“紙ワザから神ワザへ”をテーマにした広告を配信

PR TIMES / 2020年10月12日 17時15分

年末調整のペーパーレス化で、労務担当者や従業員の業務負担を軽減できる様子を表現

 株式会社マネーフォワードは、バックオフィスSaaS『マネーフォワード クラウド給与』において、「紙ワザから、神ワザへ」をテーマにした広告を、本日よりオンラインや都内を中心とした主要駅のサイネージで配信開始します。
 本動画は、申告書の配布や回収、税額計算など、煩雑な年末調整作業をペーパーレス化することで、労務担当者や従業員の負担を軽減し、企業全体の生産性向上を支援することをコンセプトにしています。



[画像1: https://prtimes.jp/i/8962/485/resize/d8962-485-766015-0.jpg ]


■広告コンセプト「紙ワザから、神ワザへ」について
 本広告では、紙が中心で煩雑な年末調整の作業を、クラウドを活用しペーパーレス化することで、業務負担を軽減できる様子を、ビフォーアフターのビジュアルで表現しています。
 現在、新型コロナウイルスの感染防止を目的に在宅勤務が広がる中、書類管理のために出社せざるを得ないバックオフィス担当者に届けるべく、本日より、オンラインや都内を中心とした主要駅のサイネージに配信します。
URL: https://biz.moneyforward.com/campaign/kamiwaza2020/

[画像2: https://prtimes.jp/i/8962/485/resize/d8962-485-737386-1.jpg ]


■背景
 年末調整は、社内への申告書配布や税額の計算、税務署への書類提出など、煩雑な事務作業が多いことから、労務担当者の業務負担が大きいという課題があります。加えて、2020年度の年末調整は、2020年1月の税制改正で見直された「給与所得控除・基礎控除の引き下げ」や「所得金額調整控除の創設」等により、内容が大きく変わり例年よりも煩雑になるため、社内で混乱が生じることが考えられます。
 そのような状況を受け、『マネーフォワード クラウド給与』を通じて年末調整のペーパーレス化を実現し、労務担当者や従業員の負担を軽減することで、企業の生産性向上を支援すべく、本広告を制作しました。

■『マネーフォワード クラウド給与』について
 『マネーフォワード クラウド給与』は、給与計算やWeb給与明細の発行をはじめ、年末調整や社会保険関連の書類発行をオンライン上で行えるクラウド型給与計算ソフトです。給与計算や明細発行などの手間やミスを軽減し、人事労務業務の効率化が可能になります。
URL: https://biz.moneyforward.com/payroll

■株式会社マネーフォワードについて
名称  :株式会社マネーフォワード
所在地 :東京都港区芝浦 3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
代表者 :代表取締役社長CEO 辻庸介
設立  :2012年5月
事業内容:PFMサービスおよびクラウドサービスの開発・提供
URL  : https://corp.moneyforward.com/
主要サービス:
お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』  https://moneyforward.com/
バックオフィスSaaS『マネーフォワード クラウド』  https://biz.moneyforward.com/
※記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング