サラ・ブライトマン、ユネスコ平和芸術家に任命

PR TIMES / 2012年2月13日 9時9分



世界的にみても数少ないポップとクラシック、両チャートのトップを記録した英国のアーティスト、サラ・ブライトマンが2012年2月8日、ユネスコ本部で行われた式典でユネスコ平和芸術家(UNESCO Artist for Peace)に任命されました。

英国出身の歌手であり女優でもあるサラ・ブライトマンは人道支援や慈善活動へのコミットメント、自身の音楽キャリアを通じての文化間対話と交流促進への貢献、そしてUNESCOの理念と目的への献身といった功績をたたえられユネスコ平和芸術家として賞されることになりました。

「キャッツ」や「オペラ座の怪人」といったミュージカルのスターであったサラ・ブライトマンはダンサーとしてキャリアをスタート。
その後、ポップ・シンガーとして成功を収め、クラシカルのシンガーとしてもその地位を築いた。サラ・ブライトマンは様々な音楽ジャンルや伝統的な音楽を融合し、独自のクロスオーバー・スタイルを確立し『タイム・トゥ・セイ・グッバイ』、『エデン』、『ラ・ルーナ』、『ハレム』といったアルバムをリリース。
40カ国以上で180以上のゴールド及びプラチナム・セールスを記録し、CD及びDVDの総売り上げ枚数は3000万枚を超えます。現在はニュー・アルバムの制作に取り掛かっています。

ユネスコ平和芸術家は自らの影響力、カリスマ性、威信を通じてユネスコのメッセージ及びプログラムを促進する世界的な著名人達です。
ユネスコは彼らと共に開発の問題とこの分野におけるプログラムへの意識を高めることに努めています。

■サラ・ブライトマン最新作
『アマルフィ ~サラ・ブライトマン・ラヴ・ソングス~』
好評発売中  2,500円(税込)  TOCP-70770

■サラ・ブライトマン 日本公式サイト 
http://emij.jp/sarah/ (PC/携帯 共通)


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング