「プロフェッサー・グリーン」、イギリスで今最も人気のラッパー、いよいよ日本でもアルバムデビュー!

PR TIMES / 2012年2月14日 13時32分



いまイギリスで最も人気のラッパー「プロフェッサー・グリーン(Professor Green))の日本デビュー・アルバム『アット・ユア・インコンビニエンス』が2012年2月8日リリースされました。

"プロフェッサー・グリーン"はイギリス、ロンドン東部出身の27歳。デザイン会社のデザイナーとして働く中、ある日フリー・スタイルのラップ・バトルに参加し、未経験にも関わらず、優勝を果たす。その後も何度か受賞や優勝を獲得、EPでのリリースが決定し、このまま順調にいくかと思われたとき、悲劇は起こった。

ロンドンのナイト・クラブで身の覚えのない激しい暴力を受け、重傷に陥る。
一度はトラウマに陥った彼だが、その2ヵ月後には、リリー・アレンとのコラボレーションを実現させ、イギリス中にその名前を知らしめさせました。Facebookでチャット中にこのトラックについての書き込みを入れたところ、リリー・アレンに気に入られ、楽曲への参加が決定。さらにはイギリス、ヨーロッパ、オーストラリアツアーに招待され共演も実現。また、Virginと初のメジャー契約に至ると、ようやくデビューアルバム『Alive ‘Till I’m Dead』が完成しました。

最近では、コールドプレイのヨーロッパ公演のオープニング・アクトも務め、ヒップホップ界のみならずロック界からの注目も集めており、先日発表されたイギリスのグラミー賞といわれる"ブリット・アワード"で「British Male Solo」部門でノミネートされるなど、今注目度No,1のラッパーであることは間違いありません。

今作には、超話題の女性シンガー、エミリー・サンデーをゲストに迎え、UKシングル・チャート2週連続1位を記録した話題のシングル「リード・オール・アバウト・イット」も収録。エミリー・サンデーはブリット・アワードの「British Breakthrough Act」部門にノミネート。また彼女は毎年期待される新人に贈られ過去アデルやフローレンス・アンド・ザ・マシーン、ジェシー・Jが受賞しているCritics Choice Awardの受賞が決定しています。
その他全15曲と、日本盤特典として、イギリスでリリースされているファースト・アルバム『Alive Till I'm Dead』収録の3週連続UKシングル・チャートで1位を獲得した「ニード・ユー・トゥナイト」、リリー・アレンをフューチャーした「ジャスト・ビー・グッド・トゥ・グリーン」をボーナス・トラックで収録!iTunesのみ、さらに2曲追加された全19曲で配信中!こちらも要チェックです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング