尾木ママと日菜あこが、親子リスナー120名と交流!尾木ママ「時には子供と距離を置いて、パパ目線で」日菜あこ「子供、もう1人ぐらい欲しいかな?(笑)」 

PR TIMES / 2014年11月5日 13時47分

『尾木ママのマンマ・ミーア!いい歯の日 親子フェスタ』公開イベント 2014年11月7日、14日(金)20:30~20:55放送

教育評論家の尾木直樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの子育て応援番組『尾木ママのマンマ・ミーア!』(毎週金曜日 20:30~20:55放送)では、『いい歯の日 親子フェスタ』と題した公開収録イベントを、11月4日(火)13時より、東京・半蔵門のTOKYO FMホールで開催しました。
当日は、番組出演者の尾木ママ、日菜あこ、古賀涼子(TOKYO FMアナウンサー)が揃って登場。
日本歯科大学歯学部長・日本フィンランドむし歯予防研究会理事長の羽村章(はむら・あきら)先生を迎えて、むし歯予防の基礎知識を来場した親子リスナー120名と一緒に学びました。
この模様は『尾木ママのマンマ・ミーア!』にて、11月7日、14日に放送します。




◆甘いものが好きでも、むし歯にならない方法とは?

『尾木ママのマンマ・ミーア!』では、10月~11月の2か月間、期間限定のミニコーナー「マンマ・ミーア!むし歯予防プロジェクト」で、羽村章先生とともにむし歯予防のアドバイスをお伝えしています。今回のイベントでは、羽村先生が、子供の歯が生え揃っていく過程を写真とともに解説。さらに「むし歯予防 ウソ?ホント?○×クイズ」で、わかりやすく、むし歯予防の基礎知識を紹介しました。
たとえば「甘いものが好きだから、むし歯になるのは仕方がない。○か×か?」というクイズでは、会場のママたちの答えが「○」が多かったのに対して、正解は「×」。
実は、むし歯予防の先進国フィンランドでは、1年間に、日本人の倍のお砂糖を摂っています。これは、甘いものを摂る量が、むし歯の原因とは直接関係がないということ。羽村先生は「間食の回数を減らす、きちんと歯磨きをする、食後にキシリトール入りのタブレットやガムを摂取するなど、むし歯になる可能性を減らせます」とアドバイスしました。

◆時には、子供と距離を置いて「パパ目線」で!
さらにイベントでは、尾木ママが、リスナーから寄せられた質問にもお答えしました。「子供がグズグズ言ったときイライラしてしまう。どうしたら尾木ママのように、怒らないママになれるでしょう?」という質問に、尾木ママが「同じように悩んでいるお母さん、ちょっと手をあげてみて」と会場に呼びかけると、ほとんどのママの手が上がりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング