『2014年マイナビ新入社員意識調査』を発表

PR TIMES / 2014年4月24日 11時24分

今年の新入社員は、出世したいが9割超。30歳での理想の年収は500万円台が増加 ~ 仕事に対し「挑戦」を重要視する一方、「楽しさ」を求める割合が減少傾向に ~

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2014年4月入社の新入社員を対象とした『2014年マイナビ新入社員意識調査』を発表しました。本調査は、マイナビ実施の新入社員研修に参加した各企業の新入社員2,243名にアンケートを実施し、まとめたものです。なお、本調査は2011年から実施しており、今回で4回目となります。調査概要は以下の通りです。




<調査結果の概要> - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2014年の新入社員は、仕事に対し「挑戦」を重要視する一方、「楽しさ」を求める傾向が減少し、出世意欲が非常に高い結果となった。そのため、“真面目に仕事に取り組み、その結果として出世して成功したい”という上昇志向を持っている様子がうかがえる。また、“これから自分に必要な力”として、「自分の意見をわかりやすく伝える」「目的を設定し確実に行動する」「現状を分析し目的や課題を明らかにする」ことを挙げており、コミュニケーションスキルのみならず、PDCAスキルの習得も比較的強く意識している傾向があるといえる。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  【2014年マイナビ新入社員意識調査 概要】
  ○調査期間/2014年3月27日 ~ 2014年4月15日  ○調査方法/記入選択式アンケート調査
  ○調査対象/新入社員研修(マイナビ実施)に参加した各企業の新入社員 2,243名

  ※調査結果の詳細はマイナビ研修サービスHP(http://hrd.mynavi.jp)で公開しています


■【スキルについて】“これから自分に必要だと思う力”は、第1位が「自分の意見をわかりやすく伝える力」、第2位が「目的を設定し確実に行動する力」と「現状を分析し目的や課題を明らかにする力」、第4位が「他人に働きかけ巻き込む力」
“これから自分に必要だと思う力は何か”(複数回答可、最大3項目)を聞いたところ、第1位が「自分の意見をわかりやすく伝える力」(47.9%:昨年比2.1pt減・昨年第1位)、第2位が「目的を設定し確実に行動する力」(31.8%:昨年比1.7pt増・昨年第4位)、同率第2位が「現状を分析し目的や課題を明らかにする力」(31.8%:昨年比1.2pt増・昨年第3位)、第4位が「他人に働きかけ巻き込む力」(31.0%:昨年比3.6pt減・昨年第2位)となった。これから必要だと思う力について、コミュニケーションスキルばかりではなく、そこから一歩進んだPDCAを意識し習得する必要があると考えていることがわかる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング