【引越し侍/エイチーム】都道府県別のピアノ保有率ランキング!1位に輝いたのは、日本の古き良き歴史が根付くあの県でした!

PR TIMES / 2013年12月6日 17時38分

株式会社エイチームのグループ会社である株式会社引越し侍(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:熊澤博之)は、同社が運営する引越し比較・予約サイト『引越し侍』の利用者へ実施したアンケート結果を元に、都道府県別のピアノ保有率ランキングを公開いたしました。



引越し比較・予約サイト、引越し侍がお送りする『引越しなんでも大調査』。今回は都道府県別のピアノ保有率をテーマにランキングを作成いたしました。47都道府県分の総合順位はもちろん、単身・家族の世帯別順位もご紹介しております。最も保有率の高かった都道府県は一体…?あなたのお住まいの都道府県は何位にランクインしていたのでしょうか?


<都道府県別 ピアノ保有率ランキングの結果>
◆当サイトをご利用の上、引越しをされた方を対象にアンケートを実施。その結果をもとに、ピアノの保有率に関するランキングを作成しました。本調査では、2012年度に集計したデータを使用しております。


【調査結果サマリー】
◆今回1位に輝いたのは、保有率6.3%を記録した奈良県でした。引越し侍が実施したアンケートでの全国平均は4.8%であったため、かなり高めの数値と言えます。
◆続く2位の兵庫県の保有率は、6.0%。1位の奈良県と同様、家族世帯での保有率は10%を超えており、10世帯中1世帯以上が保有しているという結果になりました。


【調査結果】
1. 保有率1位の結果から見えた、奈良県の県民性とは!?
今回の調査で1位に輝いた奈良県。歴史的・文化的な印象が強い県であるため、一見意外な結果に思えますが、詳細を調査したところ、実は奈良県は、過去数十年に渡りピアノ普及率1位をキープし続けていたことが分かりました。さらに注目したいのは、奈良県は『耐久消費財』の保有率が高いという点です。(耐久消費財…あまり買い換えることがなく、長期にわたって使用される商品のこと。)例えば空気清浄機やビデオレコーダーなどが挙げられますが、奈良県はどちらの保有率においても、毎年上位を記録していました。
このことから、奈良県の県民性は、『良いものを長く使う』傾向が強いと言えそうです。歴史ある古都として、伝統や古き良きものを大切にしてきたからかもしれません。


2. 『宝塚』の兵庫VS『楽器の街』静岡
2位には、兵庫県がランクインしています。兵庫県は、単身が3位、家族が2位と、いずれも上位となりました。兵庫県は宝塚のお膝元ということもあり、ある程度イメージ通りの結果と言えそうです。そんな中、意外に思えたのは、静岡県の順位が21位であったということ。有名楽器メーカーの本社があるため、上位にランクインすることが予想されましたが、保有率の数値は全国平均を下回っていました。楽器の街と呼ばれているからこそ、ピアノ以外の楽器も身近にあり、その分選択肢が増え、ピアノ以外にも分散してしまったのかもしれません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング