トリップアドバイザー、世界中の旅行者の口コミから選ぶ「トラベラーズチョイス(TM) ホテルアワード2018」を発表

PR TIMES / 2018年1月23日 15時1分

京都の『Mume』が小規模ホテル部門の世界1位に!日本の1位は『ザ・リッツ・カールトン京都』

旅の泊まる・遊ぶ・食べるが見つかる世界最大の旅行サイト「TripAdvisor(R)」」(トリップアドバイザー、本社:マサチューセッツ州ニュートン、NASDAQ:TRIP、CEO:ステファン・カウファー、日本語サイト: www.tripadvisor.jp/)は、トリップアドバイザー上に投稿された世界中の旅行者からの口コミ評価が高かった宿泊施設をランキング化した「トラベラーズチョイス(TM) ホテルアワード2018」を発表しました。



本年で16回目の発表となるトリップアドバイザーの「トラベラーズチョイス™ ホテルアワード」は、過去1年間に世界中の旅行者から寄せられた口コミの数と評価点などをもとに、独自のアルゴリズムで集計しています。今回、トリップアドバイザーに登録されている世界94ヵ国と8つの地域で、8,095軒が選ばれました。全世界でわずか1%に満たない施設のみが手にできる栄誉となります。

「トラベラーズチョイス™ ホテルアワード2018」は、これまでの「ベストホテル」「B&B、イン(日本では旅館)」「サービス」「ベストバリュー」「ラグジュアリー」「小規模ホテル」「ファミリー」「ロマンティック」「オールインクルーシブ」の9部門に加え、今年は新たに「ベストコストパフォーマンス」が加わりました。同部門は、4つ星クラス以上で且つトリップアドバイザーの口コミ評価も4以上を保持し、トリップアドバイザー上で1泊の年間平均宿泊単価が300ドル以下で、かつ施設所在地のエリアにおける年間平均宿泊単価より20%以上安いなど、幾つかの諸条件に当てはまる施設を対象にランキング化したものとなります。

この度日本では、9つの部門で145軒の施設が受賞しました。その中で、「小規模カテゴリー」において世界1位に『Mume』が選ばれました。同部門で日本の宿泊施設が世界1位となったのは初めてのことです。『Mume』 代表の柴田尚子氏は次のようにコメントしています。
「この結果を受けて、誰より一番驚いているのは、恐らく私共自身です。Mumeがオープンしてからの約9年間、お客様に当館での、京都での、そして日本でのご滞在をお楽しみ頂きたいという想いを奮い起し、スタッフ皆で一心に努めて参りました。それでも未だに己の至らなさを痛感し反省する日々の連続ですので、このような栄誉を私共が賜るのはあまりにもおこがましく、ただただ恐縮するばかりです。本当に未熟な私共ではございますが、こうして温かく優しく応援して下さるお客様の尊い御心に深謝し、いつかこの賞に真に相応しい宿として成長出来ますよう、スタッフ一同想いを新たに精進して参ります。本当に、本当に、有難うございました。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング