「キヤノンITSの導入事例公開」豊富なシステム運用のノウハウを活かし運用管理業務を改善。貴金属取引リスク管理システムのSI から運用までフルアウトソース

PR TIMES / 2019年9月5日 4時40分

~三菱商事RtM ジャパン株式会社様~

キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:金澤 明、以下キヤノンITS)は、アプリケーション開発からハイブリッドクラウド基盤、ヘルプデスクまで包括したフルアウトソーシングを提供しています。このたび三菱商事RtM ジャパン株式会社様(本社:東京都千代田区、以下三菱商事RtM ジャパン)の導入事例をホームページに公開しました。

金属資源全般を総合的に取り扱いグローバルにトレーディングを展開する三菱商事RtM ジャパンは東京のほかシンガポール、ニューヨーク、ロンドン、上海にも拠点を構え、24 時間体制で貴金属の安定供給を担っています。そのビジネスを支えているのが、貴金属取引リスク管理システム「PRIME」です。同システムのアプリケーションバージョンアップに伴い、三菱商事RtM ジャパンはシステム基盤の全面刷新とシステム運用の見直しを決定しました。そこで採用されたのが、キヤノンITSのフルアウトソーシングです。

キヤノンITSの提供するクラウドサービスSOLTAGE(ソルテージ *)を採用することにより、サーバーの特性に合わせたパブリッククラウドとプライベートクラウドのハイブリッド環境を実現。システム運用を見直した結果ヘルプデスクへの問い合わせ件数が如実に減りました。また、ナレッジマネジメントやIT サービスマネジメントのベストプラクティスが導入・実践され、大きな付加価値となっています。

キヤノンITSの導入事例本編はこちらのURLからご覧ください。
https://www.canon-its.co.jp/case/detail/cloud_soltage_01.html

*クラウドサービスSOLTAGE(ソルテージ)
キヤノンITSが所有する西東京データセンターにクラウドサービス専用システムを構築し提供するサービスです。サービス標準構成として、仮想サーバ/インターネット接続回線/Firewall/ネットワーク機器をセットにして提供します。また、パブリッククラウドとしても、プライベートクラウドとしても利用可能。セキュリティ対策を強化し、安心かつ安定したクラウドサービスでお客さまのビジネスをサポートします。

■キヤノンITSのITサービスマネジメント
ITシステムの企画・設計・構築から運用・保守までのシステムライフサイクルをワンストップで提供します。お客さまシステムの保守や運用・管理をお手伝いする「ITサービス」、お客さまのシステム環境をデータセンターにお預かりする「データセンターサービス」、お客さまのニーズに合わせた開発基盤を提供する「クラウドサービス」により、課題解決のお手伝いします。また、システムを災害などから守る堅牢堅固なデータセンターを、アクセスの良い都内、及びディザスタリカバリーで利用可能な沖縄に用意しています。

●報道関係者のお問い合わせ先
企画本部 事業推進部 コミュニケーション推進課
03-6701-3603

●一般の方のお問い合わせ先
ITサービス事業部 ITサービス営業部
03-5730-7441

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング