1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

「終末のワルキューレ」+特別オリジナル ミニアニメ カートゥーン ネットワーク 10/3放送スタート! (1)特別オリジナルミニアニメ 告知映像公開 (2)ヘイムダル役声優・野津山幸宏よりコメント到着

PR TIMES / 2021年10月1日 15時45分

アニメ専門チャンネル「カートゥーン ネットワーク」を運営するターナージャパン株式会社(本社:東京都港区)は、アニメシリーズ「終末のワルキューレ」を2021年10月3日(日)午後10時から放送開始。また、カートゥーン ネットワーク限定放送の特別オリジナルミニアニメを本編に続けて毎週シリーズで放送いたします。
https://www.cartoonnetwork.jp/pages/camp/2021ragnarok



放送に先駆け、カートゥーン ネットワーク公式YouTubeで、特別オリジナルミニアニメの告知映像を公開しました。
<カートゥーン ネットワーク公式YouTubeサイト: https://youtu.be/joYSQgflCVE
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=joYSQgflCVE ]



[画像1: https://prtimes.jp/i/30758/506/resize/d30758-506-26e6e32412018a481e58-0.jpg ]

神VS人類の闘いのリングアナウンサーとして実況を務めるヘイムダル役の声優・野津山幸宏から作品について、また、ヘイムダルが登場するカートゥーン ネットワーク限定放送の特別オリジナル ミニアニメについてコメントが届きました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/30758/506/resize/d30758-506-0cb0ce1c0327350e5fab-1.jpg ]


■野津山幸宏(ヘイムダル役)コメント
1.ヘイムダルを演じる際に意識していることは

ヘイムダルは作品中、いつもしゃべり続けているキャラで、初めて演じる役柄でした。担当することが決まった時は期待する気持ちと共に、どう演じていこうかという感情が入り交じり、とても楽しみでした。
神と人類の闘いを実況するリングアナのような役割ですが、アナウンサーでは無くヘイムダルも一人の神なので、神としてのキャラが出るように意識して収録しています。
[画像3: https://prtimes.jp/i/30758/506/resize/d30758-506-15200882f25be8a2bcd0-2.jpg ]

2.カートゥーン ネットワーク限定放送のオリジナルミニアニメの魅力について

キャラクターの見た目がとても可愛いらしくなっていますが、ヘイムダルはいつものテイストでしゃべり倒します。トリビア的なエピソードなどを含みながらテンポ良くアニメ本編の各話のストーリーを振り返っていきます。初めてご覧になる方には作品の魅力に触れて頂き、再びアニメをご覧になる方には、新たな気付きのある内容になっています。

3. 作品本編とオリジナルミニアニメをご覧になる方へのメッセージ

作品のファンの方はもちろんお楽しみいただけると思いますが、作品名を聞いたことはあるけどまだ触れてはいない方にも、これをきっかけに是非ご覧いただきたいと思います。僕がコミックスを読んだ時にはとても面白く、展開も早くてどんどん読み進んでいきました。アニメ本編とオリジナルミニアニメをお楽しみいただき、作品の魅力に触れて頂けると嬉しいです。
[画像4: https://prtimes.jp/i/30758/506/resize/d30758-506-732b6d6d057e3aeb470d-3.jpg ]

■作品情報
 ・原作:「終末のワルキューレ」 
 ・作画アジチカ 
 ・原作:梅村真也 
 ・構成:フクイタクミ(「月刊コミックゼノン」連載/コアミックス)
 ・声の出演:
   ブリュンヒルデ:沢城みゆき、ゲル:黒沢ともよ、
呂布奉先:関智一、トール:緑川光、ゼウス:高木渉 ほか

■作品概要
今、700万年続く人類の歴史が、幕を閉じようとしている──。
1000年に一度、全世界の神々が一堂に介し、天界で開催される「人類存亡会議」。人類が冒してきた愚かな行いにより、全会一致で「終末」の判決が下される直前、半神半人の戦乙女 <ワルキューレ> の一人、ブリュンヒルデが異議を唱える。「ただ滅ぼすのでは芸がない。人類を試してみては?」彼女が提案したのは、神vs人類最終闘争、通称「ラグナロク」全世界の神々と、歴史上の全人類から選ばれた代表者たちが一対一のタイマン勝負をする。全13番勝負、先に7勝した方が勝利となる。しかし、人類が神に勝つことなど絶対不可能。神々が嘲笑する中、ブリュンヒルデはなおも挑発する。「もしかして、ビビってるんですかァ?」その言葉は神の逆鱗に触れ、怒りのままに、神々はラグナロクを承諾。かくして、ブリュンヒルデたちは、700万年の人類史から最強の13人を選びラグナロクへと挑む。果たして人類は神を超え、終末を阻止できるのか?超絶怒涛の真剣勝負 <ガチンコ> バトル、開幕!

■放送情報
・番組名:終末のワルキューレ
・放送局:カートゥーン ネットワーク
・放送日時:毎週(日) 22:00-23:00  
 ※2021年10月3日(日)放送開始 
・再放送:毎週(金) 23:30-24:00
 ※アニメ本編に続けて、特別オリジナルミニアニメをカートゥーン ネットワーク限定放送
・URL: https://www.cartoonnetwork.jp/cn_programs/view/01574

■プレゼントキャンペーン情報
賞品:カートゥーン ネットワーク放送記念
「終末のワルキューレ」オリジナル缶バッジ コレクションブックセット(限定品) 
   ※抽選で30名様にプレゼント
   ※締切2021年10月31日(日)24:00まで
   ※詳しくはカートゥーン ネットワーク公式サイト内に記載 
     https://www.cartoonnetwork.jp/pages/camp/2021ragnarok
[画像5: https://prtimes.jp/i/30758/506/resize/d30758-506-646d524c8153b4f73c2e-4.jpg ]


■原作情報
漫画『終末のワルキューレ』(コアミックス「月刊コミックゼノン」連載)
・作画:アジチカ 原作:梅村真也 構成:フクイタクミ
・発行:コアミックス
※1~11巻、好評発売中!
※最新・12巻、9月18日発売!
・1話試し読み 
https://comic-zenon.com/episode/10834108156693612699
[画像6: https://prtimes.jp/i/30758/506/resize/d30758-506-f209905538855064b5c9-5.jpg ]



■カートゥーン ネットワークについて
世界192ヶ国以上、約4億世帯が視聴する世界最大級のアニメ専門チャンネル。
永遠の名作「トムとジェリー」をはじめ、「きかんしゃトーマス」など大人気のアニメからオリジルアニメ「パワーパフ ガールズ」や「おかしなガムボール」、「アドベンチャー・タイム」など世界中から厳選した良質な作品を24時間放送。国内では、スカパー!のほか、全国のケーブルテレビ、IPTVなどで好評放送中。視聴可能世帯は約720万世帯。

■WarnerMediaについて
ワーナーメディア傘下の事業には、ローカルプロダクションチームによるアニメーションや実写映画など日本オリジナルコンテンツの製作、洋画・邦画の映画配給、映画・アニメーション・HBOコンテンツのデジタル配信を含むホームエンターテインメントとTV放映権ライセンス、ゲームコンテンツの開発、コンシューマープロダクツの販売、およびHBO、ハリー・ポッターの魔法ワールド、DC、ルーニーテューンズなどワーナーメディアが所有するブランドおよびフランチャイズのライセンスも含まれます。またTVチャンネル事業にはカートゥーンネットワーク、CNNインターナショナル、DC、MONDO TV、旅チャンネルなど、キッズ、ニュース、エンターテインメントの各ジャンルが含まれています。
ワーナーメディアはAT&T Inc.のグループ会社です。

■会社概要
会社名:ターナージャパン株式会社
所在地:東京都港区
設立:1997年5月
TEL:0570-090-937
URL: https://www.cartoonnetwork.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング