新海誠監督、最大のヒット作『言の葉の庭』を自らの手で小説化! 『小説 言の葉の庭』4月11日に発売決定!!

PR TIMES / 2014年2月17日 17時49分

メディアファクトリー ブランドカンパニー

この度、株式会社KADOKAWA メディアファクトリー ブランドカンパニーでは、『小説 言の葉の庭』を4月11日に発売することが決定致しました。



鮮烈なビジュアル表現と観る者それぞれの心に染み入る物語表現で、国内外の若者に絶大な影響を与えてきた新海誠。そんな次世代のアニメーション監督が2013年に新たなスタッフと送り出した劇場アニメーション『言の葉の庭』。
瑞々しくも哀切な人間ドラマによって最高傑作とも評されている本作は、愛に至る以前の孤独 --、 孤悲(こい) の物語。現代の東京を舞台に“初めて「恋の物語」”を描き、劇場公開はロングラン、自身の作品で最大のヒットとなった。劇場公開と同時に配信開始した iTunesでは、数多くのアニメーション映画の中から、「iTunes Best of 2013」ベストアニメーションにも選ばれた。

本書は、圧倒的な支持を受けた『言の葉の庭』を、新海誠監督が自ら執筆し小説化。そもそも小説を読むような味わいとテーマ性を持った監督の映像作品は、“デジタル時代の映像文学”とも称されるが、その作品世界に、映画では描かれなかった人物からの視点や、エピソードを盛り込み、小説版ならではの“もうひとつの『言の葉の庭』”が広がっている。 映画版そのままのノベライズとは一線を画した、新たな青春小説がここに誕生した。
小説はダ・ヴィンチ2013年9月号より連載を開始、公式Twitterでは多くの感想が書き込まれている。
単行本には、連載分に加え書き下ろしも収録。映画を観てから小説を読むも良し、小説を読んでから映画も観るも良し、あらゆる角度から『言の葉の庭』をお楽しみください。


※画像はイメージです。
※小説版の表紙とは異なります。


新海誠(しんかい・まこと) プロフィール
1973年、長野県生まれ。アニメーション監督。2002年、ほぼ一人で制作した短編アニメーション『ほしのこえ』で注目を集め、以降『雲のむこう、約束の場所』『秒速5センチメートル』『星を追う子ども』『言の葉の庭』を発表し、国内外で高い評価を受ける。小説作品に『小説・秒速5センチメートル』があり、同作は2013年にAmazon「オールタイムベスト小説100」に選出された。


劇場アニメーション『言の葉の庭』
梅雨の季節に日本庭園で出会った、靴職人を目指す少年と歩き方を忘れた女性。彼女が少年に残したのは万葉集の一首。独自の感性と言葉選びにより、まるで小説を読むような味わいとテーマ性を持った繊細なドラマを、アニメーションでしか為し得ない表現で紡ぎ出す。
劇場公開はロングランとなり、新海監督最大のヒットに。さらに支持は広がり、世界11ヶ国・地域で上映されている。
(iTunes配信中・BD/DVD発売中)


タイトル:小説 言の葉の庭
著  者:新海誠
発 売 日 :2014年4月11日(金)
価  格:未定
仕  様:四六判 ページ数未定
発  行:KADOKAWA
編  集:メディアファクトリー
http://ddnavi.com/feature/158839/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング